« 値段と希望どっちが勝つ? | トップページ | シンクロニシティ »

2009年6月14日 (日)

理想のイメージを言葉で書く

私がセミナーでみなさまによくお話することは、自分の理想のお部屋のイメージを持つということです。どんなお部屋にしたいのか。どんなお部屋になったら自分や家族はうれしいのか。そういうお部屋のイメージを頭に持っておくことが、とっても大切だと思います。

カーナビでも目的地を入れないでそこに着くことはないでしょ。だから、目的地をしっかりインプットすることは大事なんです。

でも、お話を聞いてみると、結構、イメージを持たずきれいになったら、とか、スッキリしたらとか、おっしゃる方がとても多いのです。どんなお部屋が自分が思うきれいなお部屋なのか、スッキリしたお部屋なのかが重要です。

そして、それがイメージできたら、できるだけ言葉にして紙に書くか、絵や写真にしておくことです。それを自分がよくいるところに貼っておくと、いつもいつもそれをじっと見ているわけではないけれど、無意識に見ることによって、知らず知らずにそのイメージを自分がはっきり持つようになるのです。

私も5月末までになっていたい姿をいろいろな角度から考えて、言葉にしてデスクの脇に貼っておきました。毎日、それを読むわけでもなく、じっと見るわけでもないけれど、何とそこに書いた目標というかなりたい姿にはなっていました。

これすごいですよね。

無意識に見てる情報がしっかり自分に伝わって知らず知らずにそのように行動していたのかもしれません。

ですから、お部屋づくりもお家づくりもイメージをできるだけ具体的に言葉にすることはそれを手に入れる一番の近道かもしれません。

楽しくイメージ、ワクワクノートに記入。これで、理想のお部屋の完成で~す。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ←ポチっとクリック今日もありがとうございます。

|

« 値段と希望どっちが勝つ? | トップページ | シンクロニシティ »

気持ち元気!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/45341374

この記事へのトラックバック一覧です: 理想のイメージを言葉で書く:

« 値段と希望どっちが勝つ? | トップページ | シンクロニシティ »