« 整理収納xマクロビオティックxヨガコラボセミナー終了しました | トップページ | 新築、リフォームには整理収納アドバイザー »

2010年2月15日 (月)

新聞の切り抜きどうしてます?

よく頂くご質問に

「新聞」や「雑誌」の切り抜きはどうやってとっておいたらいいんですか?

「切り抜きはよく見てますか?」

「いいえ、切りっぱなしで全然みてないです。」

そうなんです、切った事で、終わってしまい、それを使うまでにはほとんどの方がいかないんです。

または、切り抜きをスクラップブックに貼ったところで終わって、それ以来一回も見てないなんてよくお聞きします。

では、どうしましょう。

まずは、1年間見ることがなかった切り抜きは思い切って処分しましょう。

切り抜きは情報をのせている紙です。そこにのっている情報が1年も自分にとって必要でなかったものはどんどん出して、そして、新しい情報を手に入れましょう。

1年間の間に使ったことのある切り抜きはファイルに入れて保管するか、箱に入れて保管しましょう。

自分が見やすい方法が一番です。しまいこんでみなくなってはとっておいている意味がなくなるので、見やすい場所に置いておきます。

具体的なファイルの方法は「ファイリングセミナー」にてお話しているので、もっと知りたい!方はぜひ、ご参加くださいね。

そして、これから切り抜きたい情報が出てきたらどうするか。

すぐにファイルできるならいいのですが、すぐに出来ない時はとりあえず置いておく場所、期限を決めてその間にファイルできなければ、それ以上はとっておかないと決めることが大事かなと思います。

いつか、いつかではいつまでたっても出来ないので、1カ月でもいいので、自分に期限を決めることがいいかなと思います。

最初は難しいかもしれませんが、練習と思ってやってみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

|

« 整理収納xマクロビオティックxヨガコラボセミナー終了しました | トップページ | 新築、リフォームには整理収納アドバイザー »

整理収納」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/47579272

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の切り抜きどうしてます?:

« 整理収納xマクロビオティックxヨガコラボセミナー終了しました | トップページ | 新築、リフォームには整理収納アドバイザー »