« リフォーム、新築前にやっぱり整理収納 | トップページ | 子供たちに癒して頂きました »

2010年2月24日 (水)

今を生きる

昨日の認定講座の中でも、ちょっとご紹介したのですが、以前私が読んだ本に

「人生で取り戻せないものが2つある」

と書いてありました。

何だかわかりますか?

答え

「命」と「時間」です。

この質問をするとよく返ってくる答えに「若さ」があります。

ん~、よ~くわかりますね。

「命」それは、それは大切なものです。でも、それと同じくらいに「時間」も大切だと言うことなんです。

時間は誰にでも平等に1日24時間あります。

でも、人によって、忙しくて何もできないと思う人もいれば、

すごく忙しいのに、普通の人の倍もやりたいことをやっている人もいます。

不思議ですよね。

1秒、1秒あっという間に過去になってしまいます。

今この瞬間を精一杯楽しくいきなければ、どんどん過ぎてしまいます。

こんなことを考えていたら、野口嘉則さんのメルマガが

「人生の密度を濃くする生き方」と題して命のお話を書いていました。



『毎朝「一日一生」という言葉とともに起きるようにしています。

「一日一生」とは、「今日一日を自分の一生だと思って生きる」
という意味です。

「一日が終わるときに、自分の一生が終わる」という意識で
生きるということです。

毎朝、目が覚めたときに、この言葉を自分に言い聞かせます。

これをやり始めてから、一日の質が変わってきたことは、
言うまでもありません。

人は死を見つめ、死を覚悟することによって、
精神が研ぎ澄まされ、
充実した今日を生きることができるようになるようです。』と。



明日があると思うから「今」を大切にできないのなら、明日がないと思って「今」を大切に生きる。時間を大切に使う。

とても大切なことだと思いました。

今までにも何度かこういうお話は聞きましたが、また、改めて、今日があることに感謝し、今を大切に生きようと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

|

« リフォーム、新築前にやっぱり整理収納 | トップページ | 子供たちに癒して頂きました »

気持ち元気!」カテゴリの記事

コメント

sakura様、いつもコメントありがとうございます。
町田先生とお話したことがあるなんて、素敵ですね。
「一日一生」と思っても、日に何度も忘れて、今日死んでしまったら後悔するなあと思うようなことを言ってしまったり、やってしまったりします。
まだまだ修行です。

投稿: みーこ | 2010年2月25日 (木) 22時52分

中村さんはとても丁寧に生きている方だと思います。

私も町田貞子先生に、“人に平等に与えられているのが一日は24時間という時間。時間は命です。粗末に生きてはいけません。丁寧に生きて行かないと命を削る事になる” と言われた事を思い出しました。・・・時々忘れてしまいます・・・。

気付きをありがとう!

投稿: sakura | 2010年2月25日 (木) 10時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/47654604

この記事へのトラックバック一覧です: 今を生きる:

« リフォーム、新築前にやっぱり整理収納 | トップページ | 子供たちに癒して頂きました »