« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

新学期にむけてお片づけ

100331_150238

桜がすこ~し咲き始めましたね。まだまだ風は冷たいですが、お天気がいいと春の日差しです。

玄関にあるうちの桜は今満開。淡いピンクとフリージアの黄色がとってもかわいらしいです。

玄関に花があると、何かホッとしますね。

ちなみにお花の脇に見える額は斎藤一人さんから頂いた名前入りの絵です。鮮やかな赤が多いのでパワーをもらえるような感じがします。

さて、いよいよ明日からは4月。

新入学、新学期、新年度。気持新たに始まる月ですね。

今日は中学2年生になるお兄ちゃんのお部屋のお片づけをお兄ちゃんと一緒にやりました。

なかなか使ったものを元の場所へ戻せない、使ったものを何気なく放り投げてしまうお兄ちゃん、お部屋をきれいに保つのはちょっと大変です。

でも、今日は自分でいろいろやってもらいました。

使ってる物と使ってない物をわける。

グループに分けて、置き場所を決める。

近くに座って見ていれば、サクサクできるのに、一人だとどうも出来ないんですよね~。

一通りきれいにしてお部屋を見てもらいました。

「きれい」

「こっちの方がいい」

と感じたそうです。

その気持ちを忘れないでね。

そして、ぐちゃぐちゃの物たちの気持ち考えてね。

使ったらもとに戻すのは練習だから。最初はすぐ忘れてしまうかもしれないけれど、練習すれば必ず上手になるからね。

毎日少しずつでも練習しましょ。

新しい教科書やノートと新しいものがやってくるこの時期は、気持もウキウキしますよね。

そういう時がいい時です。

新しいものも今までの物も大切にすることを意識してくれたらなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

今時の勉強方法

うちには今年中学2年になる息子がおります。

中学になるとやっぱり勉強は大変そうです。

テストも5教科になるし、中間、期末テストなどの定期テストがあり、順位が出るので、その度に一喜一憂しています。

お友達の多くは塾に通って勉強していますが、うちは何もしておりません。

家には毎月、塾や通信教育の会社からのご案内状がたくさんやってきます。

入る気がなくても、中を見ると、受験事情や高校の情報、勉強の仕方などちょっとした情報が取れるので、結構便利です。

昨日もある通信教育の会社からのご案内を頂き、見てみると、そこは何とウェブで勉強ができるそうなんです。

何か面白そうなので、実際に体験版をやってみました。

英語は冠詞のつけ方の問題だったのですが、これが、目からウロコのお話で、本人より私の方が楽しくなってしまいました。

どういうときに冠詞(a、an)をつけるかという話だったのですが、どういうときか覚えていますか?

一応TOEIC830点の私は自信があったのですが、その私もへ~と納得でした。

例えば、車(car)は切ってしまうと、車としては使えなくなりますよね。ギターもそうです。

こういうものにはa,anをつけます。

でも、紙や水、ジャムなどはナイフで切ったとしても紙は紙だし、水は水ですよね。そういうものにはa,anはつけないのです。

こういう説明は私が中学の時はなかったし、今まで一度もそんなことは聞いたこともありませんでした。

でも、この説明わかりやすいですよね。

これをビジュアルで説明されたら、もうしっかり頭の中に入ります。

理科の場合は、実際の実験の写真が画面に出ていて、移り変わりの様子がグラフと映像で見られたりするのです、これなら、記憶に残りやすいので、覚えるのも楽チンです。

今時はこんな風に勉強するんですね~。スゴイです。

何でもそうですけれど、楽しくなければいくら長い時間勉強したって頭に入るものではありません。

いかに楽しく勉強するか、これが一番だと思います。

今は、塾、通信教育、家庭教師といろいろな方法で勉強できますが、最終的には本人が楽しくもっと知りたいと思うのが一番いいですね。

うちのお兄ちゃんは何がよいのかわかりませんが、やらされる勉強ではなく、やりたくなっちゃうようになってくれたらいいなと思うけど、それは難しいのかな。

勉強は子供だけのものではなく、いくつになっても勉強です。

私も楽しくもっと知りたい、うまくなりたいを追求して自分を高めていきたいです。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

洋服の片づけ方

私がとっているメルマガの今日のタイトルは

「服の片づけ方」

でした。

洋服を処分したいけれど、どうしてもできない方へ「人にあげてみてはどうですか?」というものでした。

高価な洋服、大好きだった洋服などはなかなか手放せないですよね。

もったいない気がしてずっとしまいこんでしまいますね。

着ないとわかっているのに。

そうやって何年も着ていないお洋服は誰かに着てもらうのが一番かなと私も思います。

だって、洋服は着て初めてその目的を果たせますし、高いお金で買った価値がでます。

飾るために買った洋服ならばいいのですが、着るために買ったのなら、着なければお金を払ったのがもったいないです。

誰かに着てもらう方法としては、家族や友人、知人にあげる、寄付する、リサイクルやさんに売る、オークションに出す、フリーマーケットに出すなどなどがあると思います。

どの方法でもよいので、とにかく、お洋服をお洋服として使用できるようにどなたかに託してみてはいかがでしょうか。

洋服だって、着てもらうために生まれてきたのに、着てもらえなかったらかわいそうです。

洋服をしまっている部屋のスペースだって、着ている洋服を置いておくならいいですけど、着ていない洋服をしまっておくのは、無駄なスペースになっているだけです。

もったいないととっておくことは、スペースやおかねを無駄にしておくことになりませんか?

誰かに着てもらえると思えば少しは気持が楽に手放せたりしませんか?

頭で考えているより、試しに一度やってみて、どんな感じがするか観察してみるのもいいかもしれませんよ。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

キッチン収納は楽しい

マクロビオティックの先生で、私の大好きなお友達もこちゃんの新居が完成し、今日はキッチン収納のお手伝いに行ってきました。

玄関を入るととってもいい木の香り。新しい家の何ともいえない気持ちよさです。

そして、キッチンもお料理教室を開くように作られているオープンな作りで、とってもおしゃれ。

プライベートでもお料理教室でも使いやすく、見やすく、きれいな収納をするために、お手伝いをさせていただけることになりました。

何だか自分の家が新しくなったみたいにうれしく、ルンルン気分でキッチン小物、お皿などなどの収納を考えてきました。

引っ越しで箱から物を出すときに最初からきれいにうまく収納できたら、あと後どんなに楽なことか。

今回、お手伝いさせて頂いてつくづく感じました。

収納が全部完成したら、また皆さまにもご紹介させていただけるかなと思いますので、今しばらくお待ちくださいね。

リフォームも新築も収納がキーポイントですよね。迷った時は、迷う前に整理収納アドバイザーにご相談ください。

一緒に心地よい空間をお作りします。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

整理収納アドバイザー2級認定講座

今日はHIPS東京校での「整理収納アドバイザー2級認定講座」

今日も満員29名のご参加です。

整理が苦手と思ってご参加の方、得意でもっと上手になりたい方、仕事で必要でご参加の方と様々です。

講座では何度かグループ演習もやりますが、人数が多いと、盛り上がります。

いろいろな意見が飛び出し、意見を聞いているだけでも勉強になります。

この講座では

整理とはどういうことか

物と人との関係

整理を妨げている原因

整理のレベル

などを中心にお話しています。

苦手な方は整理そのものの意識が変わり、得意な方は今までやってきたことを理論的にわかるようになります。

今日も本当に楽しいあっという間の1日でした。

次回の私の講座は

4月4日(日)茨城県県南生涯学習センターです。

こちらはあと2席、空きがあります。

整理が苦手な方も、得意な方もどうぞご参加くださいませ。

皆さまと一緒に学べることを楽しみにしております。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

確定申告に発揮、書類の整理

以前、カルチャーセンターの講座にご参加くださったお客様より、とてもうれしいお手紙を頂戴いたしました。

ファイリングのセミナーを受けた後、不動産関係の領収書等を整理したので、3月の確定申告の時には素晴らしく整理して、税理士さんに渡すことができ、不動産屋さんに大変ほめていただけたとのこと。

本当にうれしいです。

特にお金関係の書類は大切だとわかっていながらも、手をつけられずにたまってしまったり、なくしてしまったりということが良くあることです。

それが、きちんと整理することができ、煩わしい手続きもスムーズにできるというのは、きもちがとってもいいですよね。

たった1回の書類の整理のセミナーを受けただけで、素晴らしく整理できるなんて、本当に素晴らしい!の一言です。

そして、それをわざわざお手紙でお知らせ頂けて、こんなに幸せなことはありません。

私の方こそお礼を申し上げたいと思います。

確定申告の時期は終わりですが、毎日の書類の整理に追われて、どうにも手をつけられずにいるとお悩みの方、一度、書類の整理のセミナーをお聞きになりませんか。

すぐに全部がきれいになるわけではありませんが、やり方がわかるとやる気にもなりますし、少しでもきれいになることで、生活も変わるかもしれません。

4月の「ファイリングセミナー」は1日だけです。

日時:4月12日(月)10:00~12:00

場所:茨城県土浦市 講師宅

料金:3,500円

定員7名の少人数制です。個人的なお悩みもご質問もすっきりできます。

お問い合わせ・お申込みはホームページまたはお電話090-3401-9429まで。

お待ちしておりま~す。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

おじぎ草

子供のためのある教材を購入したら、「おじぎ草」の栽培セットが付録でついてきました。

「おじぎ草」はちょっと葉に触れるとおじぎのように葉をたれます。

その様子は素直におじぎをする人のよう。

子供にその話をしたら、

「へ~、触っただけで、ぺこっとおじぎをするの~。おもしろ~い。」

と目を輝かせていました。

一緒に育てよう!

まだ種のおじぎ草が大きくなっておじぎをする姿を一緒に見たら楽しそう。

人も素直に頭を下げたらいいのだけれど、なかなかわかっていても頭を下げられない時ってありますよね。

言葉はごめんなさいやありがとうでも、ふかぶかを頭を下げたりすることもあんまりないですよね。

ちょっと頭を数回下げるなら一回きちんと頭を下げた方がいいとは思うけど、なかなかできないですよね。

そんなことを子供と考えたりしながら植物の成長も見られる。

なんか素敵な付録です。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

きれいになるとやる気がアップ

今日は子供部屋、特に勉強机のお片づけをお客様のお子様たちといたしました。

ラッキーなことに、今日は終業式の日。

学校から持ち帰ったものや、今年1年使った物を見直すにはベストのタイミング!

まずは、

勉強机に入っているものを全てだしました。

ま~出てくる、出てくる。いろいろなものがた~くさん出てきました。

鉛筆、消しゴムはもちろんのこと、おもちゃ、お人形、カード、ペン、定規・・・

それらをこの1年間に使ったか使わなかったかで、分けます。

悩みながらも、一生懸命やってくれました。

そして、使ったものを仲間分け。

筆記用具、お友達にあげる時に使う物、工作道具・・・こんな感じです。

ここまでが決まったら、あとはどこにいれるか決めるだけ。

一番使いやすい場所はどこ?

一番とりやすい所はどこ?

とどこにあったらいいかを考えて物を置いていきます。

そうすると、

こんなに鉛筆いる~?と数の多さにびっくりなんてこともあります。

そんなこんなで最終的には机の上に何も置かない状態にしました。

「わ~、きれい~」

「ひろ~い」

とよろこびの声。

そして、すぐさま勉強を始めたのです。

机がきれいになると、やる気になっちゃうんですね~。

やる気満々でやっているので、勉強もはかどる、はかどる。

良いことづくめですね。

小学生のお子様に何とかお片づけをできるようになってもらいたいとお考えの方のために

「親子で一緒にお片づけセミナー」

があります。お子様にお片づけの手順や考えをお話し、実際にお道具箱のお片づけを体験したりもします。

保護者の方にはその様子を後ろの席で見て頂くので、お母さまも勉強になりますし、お子様と同じ認識で家でもお話が出来るのはお子様にとっても、心強いと思います。

お母さんではない人の話はちょっと聞く耳も変わります。

新年度の前にぜひやってみませんか。

日時:4月2日(金)9:30~11:30

場所:茨城県つくば市 カピオ 小会議室

料金:3,500円(保護者1名、お子様1名)、お子様1名追加は1,000円です。

お申込み・お問い合わせはホームページまたはお電話090-3401-9429までお願いいたします。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

家を建て直さないリフォーム

今年になってからおうかがいしているお客様のお宅は、全ての部屋を大改造中です。

決して壁をこわして建て直ししているわけではないのですが、大きく様子を変えています。

各部屋の家具を見直し、その部屋にあった量の家具に減らし、物を収納する収納用品を厳選し、家具の配置を変えることで、家はかなり変わりました。

家の印象も変わりました。

ご家族の表情も変わりました。

暮らしも変わりました。

家をリフォームするとなると、かなりの金額がかかるし、時間も、それから、建て直しなんてなると、物の移動もずいぶんあります。

でも、そんなにかけなくても、今の家の原型はそのままでも、家は大きく変わるのです。

部屋の配置や物の量を変えることで、これほど、変わるのかと思うと、新しい形のリフォームとしてぜひぜひ皆さまにおすすめしたいです。

こちらのお宅の変身ぶりは全ての作業が終わりましたらホームページでご紹介したいと思っています。

だって、あまりに素敵に変身して、私たちだけで見ているのはもったいないんですもの。

ご期待ください!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

親でなく先生でなく友達でない関係

長男が小学校時代に所属していたサッカーチームでお世話になったコーチの送別会が今日ありました。

コーチは大学の蹴球部に所属する学生さん達です。

学生さんと言ってもすでに社会人になられた方、プロサッカー選手になられた方、大学院を卒業する方、現役大学生と今はコーチたちもそれぞれの道を進んでいます。

そのコーチのお一人が大学院卒業を気に茨城を離れるのでみんなで集まってサッカーをし、食事会をしました。

サッカーチームを卒業してからもう1年も経つのに、集まれば前と同じようにとっても仲がいいし、本気で真剣勝負のサッカーもできるし、コーチたちの話を真剣に聞きます。

コーチたちの存在は子供たちにとっては特別なのだと思います。

親でもなく、先生でもなく、友達でもなく、でも、信頼できる楽に話せる特別な存在です。

サッカーの事はもちろんだけれど、勉強の事や夢を持つことなどをコーチたちの経験を交えて話してくれたり、中学生の今大切な事を話してくれます。

普通のサッカー少年団ではコーチはお父さんたちがやってくれたりするので、こういう関係はないし、普通の生活の中で大学生とお友達のように話ができることもないと思います。

とっても貴重な体験、経験ですし、思春期で不安定な中学生にとって、こういう特別な存在の人が身近にいることは本当に幸せなことだと思います。

こういう関係を築くことができたのはたまたまですが、チャンスがあるのならば、皆さまにもぜひぜひこういう関係があったらいいなと本当に思います。

自分たちでいろいろ考えるこの時期だからこそ、いろいろな人とのかかわり、経験が子供たを大きくしてくれるのかなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

ごちゃごちゃした線をすっきり

私のデスクには2台のパソコン、ルーター、モデム、無線LAN、プリンターと様々な器機があります。

しかも、お互いに線で複雑につながっていてわけがわからなくなりそうです。

めったに触る線ではないけれど、いざ何かトラブルがあった時にはこの線が何の線なのかがとっても重要になります。

だからこそ、線はすっきりまとめておきたいものですね。

私が使っているのはこちら

100321_221054

100円ショップでかったマジックテープでできている結束バンド。

プラスチック製のバンドでとめてもいいのですが、マジックテープの方がやわらかいし、着脱も簡単で使い勝手がいいかなと思います。

そして、もうひとつはこちら

100321_221106_2

こちらは線のコンセント部分につける名前タグ。

コンセントがたくさんになると、どれがどれの線なのかさっぱりわからなくなってきますよね。

間違って違うのを抜いてしまったりしたら、パソコンの場合大変です。

だから、前もってお名前をつけておきます。

色が鮮やかなプラスチック製のバンドにマジックペンで名前を書けるようになっています。

線を触る時は、トラブル発生のイライラ、焦っている時が多いですよね。

だからこそ、出来るだけわかりやすくしておくことがよいと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

置いたことにも気付かない

2カ月くらい前に「オープンハウスセミナー」にご参加下ったお客様がとってもうれしいお話をしてくださいました。

「オープンハウスセミナー」にご参加の前から整理収納の本はよくご覧になっていたそうなのですが、「オープンハウスセミナー」に参加してからは、それまでできなかった、出来ないと思っていたことができるようになりました!ということなのです。

いくら本を読んでもなかなか家が片付かないので、自分は向いてないとか、好きじゃないとか、出来ない、センスがないと思っていたそうです。

でも、今は毎日5分でも10分でも時間を見つけてはどこかを片付けるとかゴミを出す準備をしておくとか何かしら行動をしているおかげで、ずいぶんお家の中がきれいになったそうなんです。

特にキッチンはストック品をいれておくかごにも全てラベルを張り、細かく何が入っているかを表示したり、今まで、いっぱいだった食器棚も見直してみたら1段何も入れるものがないくらいスカスカになってしまったとのこと。

もう、素晴らしいです!

一番すごいな~と思ったことは、

今まではキッチンの対面カウンターには物がたくさんのっていたし、何気なく、そこに物を置いてしまっていたんです。何気なく物を置いていたことに全く気付いていなかったんです。

でも、

今は物を置いていたことに気づき、何気なく置いてしまった時には置いたということに気づいて、定位置に置きなおすことができるようになったとおっしゃるんです。

これって、ものすごく素晴らしいことですよね。

無意識に物をその辺に置いてしまっていたことに気づいていない自分がいることに気づいてしまったのですもの。

これに気づいてしまえば、そういう場面がどんどん増えて、物をあっちこっちにちょっと置くということがなくなってきます。

1度のセミナーで、気づいて、実行できるって、本当に素晴らしいです。

本を読んでいたから、私の話がすっと入ったのかもしれませんが、お客様いわく本を読んでもなかなか実感がわからなかったり、わかったつもりになったりするけれど、実際の収納を見て説明を受けるとそれまで読んできたこと、説明がよ~くわかって本当に良かったとおっしゃるんです。

そう言っていただけて、私もとてもとてもうれしいです。

自分は向いてない、できない、センスがないと思ってしまう方とっても多いと思うんです。でも、ちょっと気づくことで、毎日の生活が、暮らし方が、生活の場が変わるとしたらちょっとやってみませんか。

「オープンハウスセミナー」でお待ちしています。

4月は1日(木)、10日(土)、28日(水)いずれも10:00~12:00です。

お問い合わせ・お申込みはHPまたはお電話090-3401-9429からお願いいたします。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

やることリスト

今週はちょっとダウンで、やらなければならないこと、やりたいことが、山積みになってしまいましたcoldsweats01

ま、これも必然なので、これをこなすことで、さらにパワーアップ出来るということなのでしょうが。

そこで、活躍するのが、「やることリスト」別名「To do list」

今日やりたいこと、やらなくてはならないことを朝、ずらずらと書き綴り、それから、優先順位をつけていき、後はひたすら「やるだけ」

このリストがあるのとないのでは、効率が倍以上違うと思います。

頭の中では、ちゃんとわかっているのです。

今日はあれとこれと、あれをやらなくちゃと。

でもね、頭がいいもんで、す~ぐに他のことにも気がとられて、忘れちゃうんですwobbly

だから、書いておきましょうよ。

書くとね、今日やりたいことが、はっきりしてくるし、順番にそれをこなしていくと、仕事がどんどん片付いていくのです。

これは、家事も同じこと。

今日やりたい、掃除、買い物、片づけ何でもいいので、とにかく書いて、順番にやっていく。

全部出来なくたっていいんです。

出来たことだけ、「ずいぶんできてえらいな」とほめてあげれば。

後は明日1番にやったらいいんですから。

簡単、簡単。

たまった仕事は一気に片付けようと思っても気ばっかり焦るだけ。

焦らず、淡々とこなす。これが、一番の近道だと思いますよ。

お試しくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

うれしいお知らせ

私がお世話になっている職場のお友達のお子様が志望高校に見事合格!というニュースを今日うかがいました。

本当にうれしです。

志望高校は茨城NO.1と言われている学校で、私の家からはまあまあ近いところですが、なかなか誰でもが行けるところではないのです。

しかも、そのお子様はしっかり部活動もなさっていて、いつも県大会に出場なんてほどの実力。

素晴らしいですよね。

何だかわが子のことのようにうれしいです。

部活動もしっかり楽しみ、勉強もしっかりやる、これ理想です。でも、なかなかできるものではありません。

うちにも中学1年の息子がおりますけれど、どうでしょうか。

同じようになってほしいというわけじゃないけれど、自分の好きな事を見つけて進んでいけたらいいのになあとおもってしまいます。

お兄ちゃんに比べると下の娘はそういう意味では少し進んでいるのでしょうか。ものすごく好きなことがあったり、なりたいものがはっきりしていたり。

どちらがいいとか悪いとかではないですが、それぞれの道を近すぎず遠すぎずサポートしていきたいですね。

自分が中学生の時はどうだったか、先日も主人といろいろ話ました。

そういえば、将来の夢とかどこの高校に行きたいとかはっきり思っていたわけじゃないよね、というのが、私たちでした。

でも、私はその後高校で、運命の出会いがあり、「グランドホステス」にまっすぐに進みました。

主人は大学に行ってもやりたいことがはっきりせぬまま就職してしまったそうです。

それでも、今は二人とも仕事を一生懸命楽しくがんばっています。

人生、どんな道が良いかはやってみなければわからないというところなのでしょうが、親になると、道しるべをつけたいと思ってしまうから、いいのか悪いのか。

ん~、子育ては本当に親育てです。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

マンションライフのお手伝い

三菱地所藤和コミュニティー様のマンションにお住まいのお客様向け「kadan倶楽部」というサイトに私の記事を掲載いただきました。

「収納を意識したリフォームの注意点」と題して、少しお話させて頂いております。

私の自宅でのセミナーをしているダイニングの様子が大きく写真になっています。

プロの方に写真を撮っていただくといつものセミナールームがとってもきれい。

何かモデルルームのようです。

自分で言うのもなんですが。

お話の内容は、サイトを見てのお楽しみですが、リフォームをするうえでの注意点というか、私がお客様とお話していて感じていることを書いています。

リフォームってお金がすごくかかります。せっかくかけて立て直しをするのですから、失敗したくないですよね。

だからこそ、知って頂きたいことを書いていますので、ぜひぜひお読みになってくださいね。

普段は会員様にしか目にとまらないサイトかもしれないので、ラッキーですよ。

今日も最後までお読み頂きありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

神様からの贈り物

毎日、仕事に、家事に、母親業に吹っ飛んで歩いていますが、今日はちょっとお休みです。

珍しく体中が痛いほど熱が出ています。

いつも、あ~もうちょっと寝たいな~とか、休みたいな~なんて思っているから、神様がお休みをくれたのかもしれません。

体中が痛いことで、いつもどんなに元気でいいかがよ~くわかります。

ご飯がおいしく食べれることがいかに幸せかわかります。

普段から当たり前の事が幸せなんだとは思っていますが、こういうときは思い知らされますね。

今日は神様からの贈り物をありがたく頂き、明日からはまた元気いっぱい吹っ飛んで歩きたいな。

皆さまも最近、ノロウイルスやマイコプラズマやなんだかんだ流行っていますので、お気をつけくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

天国言葉

今日は3月15日。

3月の折り返し地点ですね。

時間の経つのは本当に早いです。

私のデスクにあるカレンダーは

斎藤一人さんの天国言葉のカレンダー。

毎月1つ言葉が書いてあります。

今月は

「なんにもないときついている

困ったときはありがとう

いいことあったら感謝します。

これで幸せ」

何にもない時ほどついてることはありません。だって、何でも出来るんだもの。

困った時はチャンスです。困ったなと思うことがあることで、また一歩自分のレベルが上がります。

いいことあった時は感謝です。だって、誰かのおかげ様でいいことあるんですもの。

そういうふうに思える時が一番幸せですね。

幸せは全て自分の心の中にあります。

見方を変えればなんでもついてる、ラッキーな事に変身します。

「ついてる

うれしい

楽しい

ありがとう

許します

感謝します」

今日も最後まで読んで頂けて感謝です。本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月14日 (日)

リサイクル2時間待ち

私がよく利用していたリサイクルショップが閉店になり、その近くに巨大なリサイクルショップが誕生しました。

1階から4階まで全部リサイクルショップ。まるでデパートのようです。

お店の中もきちんと整理されていてとってもおしゃれなリサイクルショップ。

今日もパソコン周辺機器を持って行ってきました。

何と、買い取り査定に2時間待ち。

す、すごいです。

それだけ、リサイクルショップを利用する人が多いということ。

いいことですよね。

「リサイクルに出す」と言うとイヤな印象を持っている方も少ないと思うのですが、これも考え方一つです。

自分が使わなくなったやっかい物を売ると言う風に思うと、ちょっとイヤな感じがしますが、自分の使わない物をどのたかに使ってもらい、物を生かし続けると思うとどうでしょうか。

物は使われるために生まれてきました。

使わずに何年もとっておくことは物を大切にすることになるのでしょうか。

自分が使えないのなら、どなたかに使ってもらえたら、それを買った意味もあるし、物もよろこぶはずです。

そう思うなら、なるべく、自分の手元に何年も置いておかないでどんどん生かし続ける方法をとった方がよさそうです。

今日はプリンター、CDライター、無線LANカードなどなどを持って行きましたが、結果は、引き取って頂いたのは、マウスやコードだけでした。

プリンターなどは製品の入れ替わりが早い上に価格も安くなっているので、少し年数がたってしまうと、全然売れなくなってしまうのです。、

どなたかに物を生かし続けてもらうなら、少しでも新しい方が喜んでくださいますよね。

それなら、いつまでも使いもしないのに、ただとっ置くなんて、もったいないし、買ってくださる方にとっても少しでもいいものを安くの方がきっと喜んでくださいますよね。

物があふれているこの時代だからこそ、物を大切に使いたいですよね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

父の誕生日に思うこと

今日は父の誕生パーティーをしました。

本当は昨日がお誕生日だったのだけれど、子供の習い事や私たちの仕事の関係でパーティーができず、今日になってしまいました。

パーティーといっても、みんなで食事をしながらワイワイするというだけですが、家族がみんな元気で笑いながらおいしい食事を頂けるというのは何物にも代えがたい幸せだと思います。

去年、父は脳梗塞のために10日ほど入院しました。

一時は本当に心配しましたが、今は何事もなかったように、普通に食事をし、普通に生活をしています。

定年退職してからの父はそれまでとは打って変わって、こまごま家の中をやってくれます。

例えば、ゴミを集めてくれたれ、出してくれたり、ちょっと出しっぱなしのものがあると、すぐに片づける。やりすぎて孫たちからクレームがくることもしばしばですが、そのくらい気がつくのはすごいことですよね。

年をとってどんどん子供みたいになったなと思うことが増えたりもしますが、それもこれも元気でいてくれるおかげです。

退院してからというもの、朝、思うのは、「今日は元気に起きてきてくれるかな」

心のどこかで、急に具合が悪くなってもう起きてこないのではないかと怖くなります。

だから、朝、いつもと変わらず「おはよう」と起きてくれていると、とってもうれしくなります。

病気になる前は「100まで生きる」って豪語していたのに、今は娘が中学になるまでは元気でいたいなあなんて、弱気な発言。

そんなこと言わないでいつまでもいつまでも元気でいてね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

おすすめバッグホルダー

バッグの整理どうしてますか?

形も大きさもバラバラでやわらかい素材のバッグは片づけにくいですよね。

私は「アンジェ」というお店のバッグホルダーを使っています。

とってもしっかりした素材で、クローゼットのバーにくるくるっと巻きつけて釣り下げることができ、しかも7つのバッグが収納できるんです。

わりとしっかりとした綿混紡の生地の仕切りがついているので、どんな形状でも合うし、高さがまちまちでもバッチリ対応。

バッグホルダーの両側にも軽めのバッグをつりさげられるようにもなっています。

私の場合は普段よく使うかばんをこのバッグホルダーに入れておくので、出し入れもスムーズで、選びやすいし、本当に重宝しています。

外出から帰ってきたらこのホルダーにすぐに戻してしまえば、お部屋にとりあえずと置いておくこともなく、お部屋もスッキリ。

ここに入りきらないバッグ、例えばフォーマルなものやちょっとあらたまった時に使うようなバッグはプラスチックケースにまとめて収納しています。

あまり使用頻度は高くないので、クローゼットの上部棚に置いています。

バッグの整理に困ったらこんなおしゃれなバッグホルダーを使ってみるのもいいかもしれませんよ。

お試しあれ。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。 いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

お家がきれいになるってうれしい

shineアクセス30000突破sign03

こんなにもたくさん、ブログを読んで頂けて本当にうれしいです。

ありがとうございますsign03

まずはアクセスしてくださいました皆さまに感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、うれしい続きでもう一つ。

2月からお片づけサービスをさせて頂いているお家に今日も行ってきました。

もうものすごくきれいになってきました。

そして、お片づけを初めて1カ月。

奥さまの意識もずいぶん変わり、きれいになったところがしっかり維持できているのです。

素晴らしいsign03

最初のころは物を分けるのも大変な作業でしたが、そのスピードも手際もぐんとよくなり、本当に本当に素晴らしいです。

そして、一つ一つ確実にきれいになっていくお家はとってもうれしいし、気持がいいです。

今日も作業をしながら奥さまとお話していました。

「散らかったお部屋を何とかしたいと思い、いろいろやってみても、どうにも自分でうまくいかなくって、そのこともいやになってどうしたらいいか本当に困っていました。でも、お片づけサービスを始めてから本当にきれいになっていき、とてもうれしいし、心も軽くなりました。」

うれしいですね。

自分はダメと思っていたけれど、きれいに出来るということが分かってすごく自信になったと思うし、ダメじゃないと思って頂けたらすごくうれしいです。

こちらの奥さまのようにどうしたらいいかわからない・・・とお悩みの方にぜひぜひ、気持が軽くなりお家も軽くなることを実感していただけたらいいなあと本当に思います。

一緒に自分のペースで変身してみませんか?

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月10日 (水)

入学準備にお片づけ

いよいよ卒業、入学のシーズンですね。

新しい生活を考えるとワクワクもドキドキもあるこの時期。

子供たちは喜びいっぱいだと思いますが、親としたら、準備が大変。

特に小学校や幼稚園の入学はいろいろ準備するものがあって大変ですよね。

たくさんの道具に名前をつけたり、袋を作ったり。

そんな大変な思いで用意した物を大切に使ってもらいたいものですね。

それには、子供たちに「物」のことを考えてもらう機会を作るのはいかがでしょういか。

自分たちが使っているものはどんなふうにできたのか。

大切にするってどういうことか。

大切な物をどのように保管するのか。

などなど、子供たちにわかりやすく、そして、自分たちでやってみることでもっとやってみたくなるようなセミナーがあります。

「親子で一緒にお片づけセミナー」

日時:4月2日(金)9:30~11:30

場所:茨城県つくば市 カピオ 小会議室1

料金:3,500円(保護者1名、お子様1名)お子様1名追加は1,000円です。

定員14名の少人数でのセミナーです。お子様一人一人と丁寧に関わりながら物やお片づけを楽しく学びます。

入学準備、進級準備にぜひご利用ください。

お問い合わせ・お申込みはホームページまたはお電話090-3401-9429までお気軽に。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

効率を上げるワザ

3月7日に茨城空港の開港式がありました。

私の住んでいる所からはとっても近いこちらの空港、今は韓国と神戸に行く飛行機しか飛ばないちょっとさみしい空港です。

だって、近くには成田も羽田もあるし、わざわざ茨城から出発しなくてもね~って感じです。

でもね、とってもコストパフォーマンスのいい空港なんですsign03

昔航空会社で働いていた私としては、空港の仕事に関してはちょっとワクワクしてきますsmile

どういうふうにいいかというと、

1.まず飛行機が出発するときにプッシュバックせずに出発できる

どういうことかと言うと、成田や羽田では飛行機はターミナルに対して垂直に駐機します。そうすると、バックが出来ない飛行機はトーイングカーと言う車に押してもらわないと後ろに下がれないのです。ある程度の距離まで下がらないと方向転換できないので、その分時間もかかります。ところが、茨城空港の場合、ターミナルに対して斜めに駐機するので、後ろに下がらずそこから方向転換できるので、トーイングカーもトーイングカーを運転する人も必要ないので、経費が浮きますよね。さらに、時間も節約できます。

2.ターミナルは出発・到着が同じフロアー

成田や羽田では、到着階と出発階が違うため、それぞれのフロアーに職員を配置しなければなりませんが、同じフロアーのため、職員の数も減らせます。また、お客様の動きも搭乗手続きから飛行機に乗るまでに階段の上り下りがないので、楽ですね。

3.ボーディングブリッジがない

成田や羽田ではターミナルと飛行機をつなぐボーディングブリッジを使用しています。お客様にとっては雨が降っていてもぬれずに飛行機まで入れるので、良いですが、これを維持するお金は大変なものですし、これを操縦する職員にもお金がかかります。ですので、茨城空港では飛行機まではタラップという階段を利用します。

お客様が飛行機を乗り降りする時間の短縮をすることで、折り返して出発する飛行機を定刻に出発しやすくなりますし、お客様にとってもいつも定時に出発できるというのは大きな信頼感につながると思います。

また、茨城空港に乗り入れの航空会社は低コストキャリアです。旅行代金そのものもお得になっているので、そういう意味でもコストパフォーマンスはグーですねgood

ということで、何を重視するかで空港も航空会社もずいぶん変わってきます。

ここで本題。

私たちの生活もこれと同じです。

生活の効率を上げるためには、

無駄な動きをなくす。

余分な物をなくす。

じゃあ、どうやって、効率を上げるかというと、

作業をする道具が一か所にまとまってる。

とか、

作業をする動線がスムーズになっている。

とか、

作業が一回の動作ですむ。

とかです。

これを思って「物」の位置を決めるだけで、全然効率違っちゃいます。

まずは、手っ取り早くフライパンを置いている場所にサラダ油を置いてみてみてください。

炒め物をするとき、一回に両方だせるでしょ。

これだけだって、楽チンのはず。

こんなふうにどれとどれが一緒になってるといいかなと考えるだけでもいいんです。

試してみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

I love Me

今日も私がとっているメルマガの一部をご紹介。

だって、

いいことはみんなに分けてあげる、みんな喜ぶから。by ひとりさん

ということで、今日は

I love MEのお話です。

どういうことかというと、誰かにイライラしたりしてる時、その人を理解したり、感謝の気持ちを持ったりしたらよいのは頭ではわかっているけれど、なかなかそれが出来ない時は、自己承認をしましょうということです。

自己承認というと難しいですが、単に「今、自分がどうか」ということに気づくということです。

自分をほめるということでなく、自分がどんな考えや思いがあるのかを認めると言うことです。

これをすると、相手のことも理解しようとできるようになるという事なのです。

毎日、自分を振り返り、言葉で表す。

これがとってもいいらしいのです。

私もやっています。

夜寝る前に今日一日、何ができたか、出来たことだけを手帳に書き出します。

そうすると、結構出来てることが多くて、うれしくなります。出来なかったことは明日のやりたいことに書いておけばOKです。

夜寝る前にこんなにたくさん出来ちゃった~って思いながらうれしい気持で寝るととっても眠りも良い感じです。

そんなに長い時間もかからず、明日やりたいこともはっきりでき、ぐっすり気持よく眠れるなんて、こんないいことありませんよね。

ぜひ、皆さまもやってみてくださいませませ。

そして、こういうことを気づかせてくれるかもしれない講演会&セミナーを5月に開催します。

「素敵な人間関係を作るためのコミュニケーション~苦手なあの人と、笑顔で~」

講演会では、どこにでもある対人関係の難しさについて、わかりやすく紐解きます。

セミナーでは、人間関係をうまくつくるためのコミュケーションをコーチングの基本を用いながら実際に体験していきます。

日時:講演会  5月14日(金)18:30~20:30

    セミナー 5月15日(土)9:30~16:30

場所:つくば国際会議場 小会議室407

参加費:講演会 1,000円

     セミナー 10,000円(教材費2,100円込)

お問い合わせ・お申込みはこちらまでよろしくお願いいたします。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

何のため?誰のため?

私が好きな本の一つに小林正観さんの本があります。その小林正観さん専門店の店長さんのメルマガはとってもためになるお話ばかりです。

昨日頂いたメルマガの話はこんな話でした。

お嬢さんが朝食を食べないというのが悩みで、解決するためにいろいろ考えたそうです。

【質問1】ご飯を食べさせる方法は?


  ・おいしいご飯をつくる。
  ・早起きをさせ、運動をさせる。
  ・洋食などメニューを変える。
  ・何度も言う、きつく言う、おどす。
  ・食べたら~してあげる(アメ)
  ・食べなかったら~してあげない(ムチ)

【質問2】朝食を食べるのは何のため?誰のため?


  ・空腹を満たすため。
  ・栄養を補給し、学校生活に支障が無いため。
  ・丈夫な体をつくり、成長するため。
  ・家族で楽しい時間を過ごすため。

こうやって考えてみると、本人が元気に過ごすことができ、栄養不足にならなければ、「無理に食べない」という選択肢が出てきます。

毎朝、朝食を食べないことで、朝からガミガミ、言った方も言われた方もいやな気分になるのなら、一日の栄養はちゃんととれて元気なら無理に食べさせなくてもいいのではないかという見方を変えることで、新しい解決方法が見つかるかもしれません。

いかがでしょうか。

これって、どんなことにもあてはまると思うのです。

例えば、部屋が散らかっていやだから何とかしたいと思っていらっしゃるとして、じゃあ、物を減らしていきましょうとお話すると、時間がないからその時間がとれないのよね~とか、つい買っちゃって増えちゃうのよね~、いらないと思っても何だかとっておいちゃうのよね~・・・とできない理由ばかりをあげる方がとても多いのです。

じゃ~「どうしたいですか?」

どうやって解決できるかの方法をお聞きになりたい方がたくさんいらっしゃいますが、「どうやって」と言うより、「誰のために」「何のために」と言うのをしっかり考えていくと、出来ないと思っていたことも出来るようになったりするのだと思います。

見方を変えると全然違うように思えたりします。

例えば、

出かけようと思って玄関のドアを開けたら、雨が降り出した時

「え~なんで~、今出かけようと思ったのに、雨が降ってきちゃって、ついてない!」

「あ~ラッキー、今降ってくれたから、傘を持って出かけられて雨にぬれずにすんだ」

と、どっちがその後は楽しい気分でいられると思いますか?

そう、「ラッキー」と思った方が、ずっと楽に楽しく一日過ごせますよね。

これだって、「出かけに雨が降ってきた」という事実は一つです。

おもしろいですね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

新聞の切り抜き

新聞にはたくさんの情報が載っています。

「これは後で使えるかも」と思う記事や、「この記事は記録としてとっておこう」と思う記事は切り取ってとっておきたくなりますよね。

どうやって保存しましょうか。

スクラップブックに張り付ける

切り取った記事を束ねる

切り取った記事を引き出しに入れる

ファイルする・・・・

いろいろありますが、どんな方法が良いでしょうか。

と、それを考える前に「どうしてとっておきたいか」「いつ使うのか」「どのくらいの頻度で使うか」をちょっと考えてみた方がいいかもしれません。

そういう事を考えずに切り取っても、「切り取る」ことで、満足してしまい、一度も見返さないことも多々あります。

同じような例が古いTシャツを雑巾代わりに使おうと小さく切ってとっておくことですね。

小さい雑巾が山のようにあるけれど、掃除にそれを使うことが全くなく、雑巾がただただ増える一方。

これじゃ、何のために一生懸命切ったのかわからないですよね。

自分がそれをどういうふうに使うのか、使えるのかをしっかり考えてからとっておくようにしましょうね。

じゃ、どうやって、保管しましょうか。

上から上から山積みにしたら下の記事は見なくなってしまいます。

面倒でなかったら、2つのポケットか4つのポケットがついたポケットファイルに記事を入れていくのはいかがでようか。

切ったらそのポケットに入れるだけなので、そんなに手間にはなりませんよね。

そのポケットファイルをフォルダーと呼ばれる紙ばさみにファイルをして切り抜きの量が多いなら1カ月単位でファイルを作るとかはいかがでしょうか。

ただし、そのファイルの保存期間も1年とか期間を決めて保管をしないと際限なく増え続けてしまいます。

紙を増やさないためには記事をスキャンしパソコンに保存というのもいいのですが、これは、パソコンを使い慣れていないとちょっと難しいかな。

ただ、束ねていく方法もあるけれど、これは、切ったら最後見返さないのが前提なので、見返さないのならとっておくこともないかなと思いますよね。

特に情報は日々新しくなっているし、今はインターネットが進んでわりと何でも情報を手に入れることができるようになっているので、常に新しい情報を管理すると思うとそうそう長い年月記事を保管しなくてもいいものかもしれませんね。

もちろん、情報の中には永久保存版のものもあるので、見極めが必要ですが。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

春のスペシャルセミナーのご案内

今日は暖かな春でしたね。

こう急に暖かくなると着るもの困りますね。暖かいと思っても朝晩は冷え込んだりして。

そんな時に困らないようにお洋服はきちんと管理したいものですよね。

そこで、着たいお洋服をいつでもすぐに取り出せるようなお洋服のしまい方を勉強しませんか。

「素敵なクローゼットの作り方セミナー」

日時:4月25日(日)10:00~12:00

場所:茨城県土浦市 講師宅

料金:3,500円(テキスト代、消費税込)

お子様にもお洋服は自分でしまったり取り出したりしてもらいたいものですよね。

お子様用のセミナーはこちら。

「親子でお片づけセミナー」

日時:4月2日(金)9:30~11:30

場所:茨城県つくば市 カピオ 小会議室1

料金:3,500円(保護者1名、お子様1名) お子様1名追加は1,000円です。

今回は小学生のお子様を対象とさせていただきます。お子様にお洋服のたたみ方やお道具箱の整理の仕方、プリント類の整理の仕方を体験していただきます。

お洋服だけじゃなく、部屋をなんとか片づけたいとお考えの方には

「整理収納アドバイザー2級認定講座」がお勧めです。

日時:3月14日(日)9:30~16:30

場所:千葉県我孫子市福祉ふれあいプラザ

料金:22,500円(テキスト代、ライセンス料、消費税込)

1日の受講で整理収納アドバイザー2級に資格も取得できます。

本格的な春を迎える前に、お部屋も気持も軽くしませんか。

お問い合わせはお気軽にこちらまでご連絡くださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

わたし

今年も使っている「ほぼ日手帳」

今日のお言葉はこちら

「わたしをばかにしちゃいけない」んですよね。

あんがい、ごくらは「わたし」をばかにしてます。

どうせ、こんなもんだろう、と、高をくくって見ていたりするものです。

おそらく、部屋が散らかるのも、禁煙ができないのも、朝起きられないのも、

ダイエットに成功しないのも、自分で「わたし」をなめてるからだと思うんです。」

いかがですか?

「わたし」をばかにしていませんか?

どうせ、どうせって。

どうせ出来ないから、やっても無駄とか、どうせやれないからやらないとか、やる前から、自分の限界を決めてやらない。

いつかブログでノミの話をしましたが、限界は自分で作ってしまうものなんですよね。

本当はものすごい能力があるのに、こんなものと決めてしまう。

もったいないですよね。

やってもいないのに、結果がわかるなんて、超能力者みたいですよね。

やってみなければ、結果なんてどうなるかわからないです。

やって本当に出来なければ、出来るように勉強するとか練習するとかすればいいだけなんです。

ちょっと見方を変えるだけで、心の持ちようはずいぶんかわります。

特にお母さんの気持ちが変わると子供の気持ちも変わります。

わかってはいるけど、なかなかね~とすでに自分に限界を作っている方、そこから変えていきましょう♪

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

お雛様のお片づけ

今日はひなまつり。

お雛様に桃の花、ひし餅にひなあられ、桜餅。

そして、うちでは、ちらしずしにハマグリのお吸い物。

うちにはお雛様が4体あります。1つは私が生まれた時に頂いた木目込み人形のもの。

1つは娘が生まれた時に母が買ってくれたもの。

あとの2つは和紙人形作りの先生をしている母が作ったもの。

そんなに大きいお人形ではないのけれど、飾る場所を確保するのは大変です。

1カ月くらい前の良い日に飾り初め、3月3日が過ぎたら出来るだけ早い良い日に片づけます。

皆さまのお家ではいかがですか?

飾る場所がなくて、もう飾っていない、出したり片づけたりが面倒で飾らない・・・などなどなかなか毎年飾るのも大変ですね。

でも、1年に一度くらいはみんなに見てもらえるよう飾りましょうよ。

お雛様も喜ぶし、やっぱり家も華やぎます。

どうしても、出すのや片づけるのが面倒になってしまうのは、ものすごくとりにくい所にしまってあったりしませんか?

大きさや形の違う箱がたくさんあるので、パズルのようにしまってはいたけれど、元通りにしまうのは至難の業だったりなんてありますか?

良く使うものではないけれど、奥の奥にしまいこんでしまっては出すのは大変です。しかも、その前にいろいろな物を次から次へと置いてしまってはまずはそれを取り出さなければなりません。

例えば押入れの下段奥にしまうなら、その前に置くものはキャスターがついているようなものにすると、スッと手前の物を動かして奥のお人形をとることもできます。

また、パズルのように上手に組み合わせてしまわないと入らなくなってしまう場合は、箱にしまう順番を書いて置くなどが良い方法かな。

次は五月人形。

今から出せるようにお片づけしておいてはいかがでしょうか。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

6か月講座が終了しました

9月から始まった月1回合計6回の講座が今日終了しました。

最終回の今日は、皆さまの成果発表会karaoke

お一人お一人にこの6ヶ月の間にきれいになったお部屋について語って頂きました。

写真をとって見せてくださる方。

講座に出る前の思いと出てからの意識の違い

講座で習ったことをやってみての感想

などなどたくさんお話頂きました。


一番印象に残ったお話を一つご紹介。

家を建ててから20年。子供が小さかったこともあり毎日、気になりながらも積み重なってしまった散らかりをどうにかしたいと思い切ってこの講座にご参加しました。

20年間を無駄にしてしまったから、この講座をきっかけに気になりながらも出来なかったお部屋の整理を何とかしたくて少しずつですが、お部屋を片付けてみました。

特に子供が巣立ってからの子供部屋は使わない物を突っ込んで何年も開かずの間になっていましたが思い切って全ての物を出してみました。

そうしたら、出るわ出るわ、使っていない家電や子供たちのスポーツ用品などなどがいくつも出てきました。

やっと床が見え、使わない物を処分し、気分も部屋もすっきりしました。

これからも少しずつですが、物に意識をして、部屋を片付けていきたいです。


20年間無駄にしたとおっしゃっていましたが、無駄にはなっていないと思うんです。

だって、その20年があったから、今何とかしなきゃと思えたわけだし、その思いがあったから、開かずの間はやっと床が見えるようになったんです。

無駄な時間なんてないんだと思います。全ては今回の講座でしっかり出来るようになるために必要だった時間なんだと思います。

今、意識が少しずつ変わって、これからのまだまだ長い人生が気持も部屋もスッキリ暮らせたら、本当にうれしいですよね。

物を整理するだけで、頭も整理され、気持も整理されていくんですね。

今回の講座でも本当に素敵な方々とお会いできてとても幸せに思います。

ご参加くださいました皆さま、心から感謝しております。

講座が終わっても、お部屋の整理はまだまだ続きます。毎日の生活の中に組み込んで楽しく整理をしてくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

私の中のあなたMy sister's keeper

昨夜、ずっと見たいと思っていた「私の中のあなた」というDVDを見ました。

娘が白血病になり、娘を助けるためにもう一人子供を産む。生まれてきた彼女が親を訴えるというお話。

娘のために、そこまでやっていいのか。そうは思っても病気の娘を助けたい。

自分が生まれてきたのは姉を救うため、もし、姉が元気だったら自分は生まれてこなかったのか。

どちらの気持ちも痛いほどわかります。

もし、私の娘が白血病になったら、自分はどうするのか。

病気の娘を救うためとはいっても、同じく自分から生まれた娘がかわいくないはずはありません。彼女が苦しんでいるのをどうしたら良いのか。

そんなことを考えながら見ていました。

そして、私には20歳の時に亡くした友人がいます。彼のことを考える時、彼はどんな思いで逝ってしまったのか。病気を知っていて、「死」を恐れてはいなかったのか・・・と考えてしまします。

映画を見ているといろいろな思いが重なり、自然と涙がこぼれて止まらなくなりました。

そして、

なぜ、親を訴えたのかがわかった時、それまでの私の思いとは別な思いで、ますます涙が止まらなくなりました。

親を訴えたのは、白血病と戦っている本人が妹に頼んでやったことだったのです。

自分はこれ以上の手術には耐えられる身体はないし、妹も傷つける、自分はもう死ぬ用意はできているのに、母親が一生懸命自分を助けようとがんばっている。そのために大すきな家族がバラバラになっていく。それを止めるために妹に頼んで訴訟を起こし、やめさせようとしたのです。

裁判でそのことが明らかになり、裁判の後、病気の娘本人が、本心を母に伝えると母は泣き崩れます。それを見て娘は

「自分の人生はこんなに幸せなことはない」

「もう大丈夫だから、あなたはがんばってきたし、これからも大丈夫だから」

と母に話し、泣き崩れる母を抱き、静かに逝ってしまいます。

子供は親を育ててくれるためにいてくれます。これは、映画を見る前からそう思っていました。

でも、この映画を見て、ますますそう思いました。

子供は自分のつらい状況や悲しみなどを通して、母を強く育ててくれているのだと。

親は子供を育ててるつもりになっているけど、実は子育てを通して親が育てられているのです。

「死」はだれにでもやってきます。

いつやってくるかはわかりません。

だからこそ、今を精一杯生きたいし、今の自分は本当に幸せなのだとかみしめながら生きていたいです。

生かして頂いているのですから。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »