« ごちゃごちゃした線をすっきり | トップページ | 家を建て直さないリフォーム »

2010年3月22日 (月)

親でなく先生でなく友達でない関係

長男が小学校時代に所属していたサッカーチームでお世話になったコーチの送別会が今日ありました。

コーチは大学の蹴球部に所属する学生さん達です。

学生さんと言ってもすでに社会人になられた方、プロサッカー選手になられた方、大学院を卒業する方、現役大学生と今はコーチたちもそれぞれの道を進んでいます。

そのコーチのお一人が大学院卒業を気に茨城を離れるのでみんなで集まってサッカーをし、食事会をしました。

サッカーチームを卒業してからもう1年も経つのに、集まれば前と同じようにとっても仲がいいし、本気で真剣勝負のサッカーもできるし、コーチたちの話を真剣に聞きます。

コーチたちの存在は子供たちにとっては特別なのだと思います。

親でもなく、先生でもなく、友達でもなく、でも、信頼できる楽に話せる特別な存在です。

サッカーの事はもちろんだけれど、勉強の事や夢を持つことなどをコーチたちの経験を交えて話してくれたり、中学生の今大切な事を話してくれます。

普通のサッカー少年団ではコーチはお父さんたちがやってくれたりするので、こういう関係はないし、普通の生活の中で大学生とお友達のように話ができることもないと思います。

とっても貴重な体験、経験ですし、思春期で不安定な中学生にとって、こういう特別な存在の人が身近にいることは本当に幸せなことだと思います。

こういう関係を築くことができたのはたまたまですが、チャンスがあるのならば、皆さまにもぜひぜひこういう関係があったらいいなと本当に思います。

自分たちでいろいろ考えるこの時期だからこそ、いろいろな人とのかかわり、経験が子供たを大きくしてくれるのかなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

|

« ごちゃごちゃした線をすっきり | トップページ | 家を建て直さないリフォーム »

親育て子育て」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/47883332

この記事へのトラックバック一覧です: 親でなく先生でなく友達でない関係:

« ごちゃごちゃした線をすっきり | トップページ | 家を建て直さないリフォーム »