« 春のスペシャルセミナーのご案内 | トップページ | 何のため?誰のため? »

2010年3月 6日 (土)

新聞の切り抜き

新聞にはたくさんの情報が載っています。

「これは後で使えるかも」と思う記事や、「この記事は記録としてとっておこう」と思う記事は切り取ってとっておきたくなりますよね。

どうやって保存しましょうか。

スクラップブックに張り付ける

切り取った記事を束ねる

切り取った記事を引き出しに入れる

ファイルする・・・・

いろいろありますが、どんな方法が良いでしょうか。

と、それを考える前に「どうしてとっておきたいか」「いつ使うのか」「どのくらいの頻度で使うか」をちょっと考えてみた方がいいかもしれません。

そういう事を考えずに切り取っても、「切り取る」ことで、満足してしまい、一度も見返さないことも多々あります。

同じような例が古いTシャツを雑巾代わりに使おうと小さく切ってとっておくことですね。

小さい雑巾が山のようにあるけれど、掃除にそれを使うことが全くなく、雑巾がただただ増える一方。

これじゃ、何のために一生懸命切ったのかわからないですよね。

自分がそれをどういうふうに使うのか、使えるのかをしっかり考えてからとっておくようにしましょうね。

じゃ、どうやって、保管しましょうか。

上から上から山積みにしたら下の記事は見なくなってしまいます。

面倒でなかったら、2つのポケットか4つのポケットがついたポケットファイルに記事を入れていくのはいかがでようか。

切ったらそのポケットに入れるだけなので、そんなに手間にはなりませんよね。

そのポケットファイルをフォルダーと呼ばれる紙ばさみにファイルをして切り抜きの量が多いなら1カ月単位でファイルを作るとかはいかがでしょうか。

ただし、そのファイルの保存期間も1年とか期間を決めて保管をしないと際限なく増え続けてしまいます。

紙を増やさないためには記事をスキャンしパソコンに保存というのもいいのですが、これは、パソコンを使い慣れていないとちょっと難しいかな。

ただ、束ねていく方法もあるけれど、これは、切ったら最後見返さないのが前提なので、見返さないのならとっておくこともないかなと思いますよね。

特に情報は日々新しくなっているし、今はインターネットが進んでわりと何でも情報を手に入れることができるようになっているので、常に新しい情報を管理すると思うとそうそう長い年月記事を保管しなくてもいいものかもしれませんね。

もちろん、情報の中には永久保存版のものもあるので、見極めが必要ですが。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

|

« 春のスペシャルセミナーのご案内 | トップページ | 何のため?誰のため? »

整理収納」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/47741432

この記事へのトラックバック一覧です: 新聞の切り抜き:

« 春のスペシャルセミナーのご案内 | トップページ | 何のため?誰のため? »