« リクエストにお答えします | トップページ | 満員御礼感謝です »

2010年6月21日 (月)

命の授業

私がとっているメルマガの一つにあったお話です。

皆さまにもお読みいただきたくて書いています。

腰塚勇人さんの、

「命の授業」です。

著者の腰塚勇人さんは元中学校の先生で、スキー検定1級のスポーツマンです。

しかし、2002年3月1日スキーで転倒し、首の骨を骨折されました。

手術は成功したものの一生寝たきりか車いすの生活になると奥さんは先生に言われたそうです。

1週間経っても首から下はまったく動きません。

死にたいと思っても手足が動かないため死ぬことも出来ないわけです。

そんな腰塚さんが選んだ生き方が

「花のように生きる」

です。

「花のように生きる」覚悟と「5つの誓い」


腰塚さんは本でこのように書かれています。(腰塚勇人さん著「命の授業」 P35~P36)

  全く動けなくても、「花」のように生きることはできるかもしれない・・・

  今の全てを受け入れていつも「笑顔」でいると決めました。

  どんなことにも、「ありがとう」を言おうと決めました。
 




そうしたら、手足が動いてくれるようになったそうです。

その後、奇跡的に快復された腰塚さんは学校に戻る際に「5つの誓い」をされたそうです。(腰塚勇人さん著「命の授業」 P53~P57)



 1.「口」は・・・、
   人を励ます言葉や感動の言葉を言うために使おう・・・

 2.「耳」は・・・、
   人の言葉を最後まで聴いてあげるために使おう・・・

 3.「目」は・・・、
   人のよいところを見るためにつかおう・・・

 4.「手足」は・・・、
   人を助けるために使おう・・・

 5.「心」は・・・、
   人の痛みがわかるために使おう・・・

このお話を読んだあと私はこちらの動画を見ました。 

見ているうちに涙が止まらなくなりました。

心が震えるような感じがしました。

もし、私が腰塚さんのようになったら、「花のように生きよう」と思えるるだろうか。

私はこんなに元気で自由な体があるのに、何でいつも笑顔でいられないのだろうか。

私も腰塚さんのように「花のように生きていたい」と思いました。

こんなに感動しても、すぐに忘れて子供に怒ってしまったり、イライラしてしまったりする私がいますが、このお話を毎日思いだして、「花」でいたいと思います。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。いつも感謝しています。

|

« リクエストにお答えします | トップページ | 満員御礼感謝です »

気持ち元気!」カテゴリの記事

コメント

sakura様、いつもコメントありがとうございます。このお話で毎日の生活に輝きを増してくれたらうれしいです。私も「花」になり続けます。

投稿: みーこ | 2010年6月22日 (火) 21時16分

素敵なお話しのご紹介、ありがとうございました。
心が洗われる思いでした。

投稿: sakura | 2010年6月22日 (火) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/48687262

この記事へのトラックバック一覧です: 命の授業:

« リクエストにお答えします | トップページ | 満員御礼感謝です »