« 整理収納アドバイザーフォーラム | トップページ | 親子セミナー楽しかった »

2010年8月25日 (水)

大きい空間がポイント

今日のオープンハウスセミナーは貸し切りセミナーになってしまいました。

私としては、ちょっとさみしいですが、はるばる日立からお越しくださった方でしたので、貸し切りセミナーでいろいろお話しをお聞きしながら説明させていただけたので、遠くから来ていただいた甲斐がありました。

よかったですhappy01

すでに整理収納アドバイザー2級講座も受講していただき、家でも実践されている方ですので、いろいろお分かりですが、各部屋ごとに家づくりの話しから収納の話しまでをしていくと、「納得!」ということがずいぶんあったようでした。

特に書類の整理の方法や大きい空間の使い方がよかったかな。

大きい空間(クローゼットや押入れ、納戸、階段下収納などなど)はどのように使うのがいいのか。

大きいまま使おうとすると、次から次へとモノを押し込んでしまいがちです。

大きい空間は四角く四角く区切って使いましょう。

奥行きが深いところは奥に置くモノと手前に置くモノ。

高さがあるところは、上と下。

空間を区切るためにはワイヤーラックやカラーボックスなどで区切ります。

だから、そういう場所には最初から棚を作っておかない方が良いんですよ。

棚を作ってしまうと、棚を移動することもできませんし、大きさを変えることも難しくなります。

家を建てる時に棚を作ってもらうと、意外に高いですよね。

それよりは取り外し自由自在、高さも幅も自由に選べるワイヤーラックがお勧めです。

私の家の階段下収納にも、もちろん使っています。

こういう大きい空間にうまくモノを収めることができると、家全体のスッキリ感が変わってきます。

押入れの奥の奥には何が入っているか思い出せますか?

そう、こういう大きい空間には何が入っているかする思いだせないようなモノばかり入っているんです。

そして、ホントにしまいたいモノは部屋にだしっぱなしに。

何か変ですよね。

家をスッキリさせたいのなら、家の中の大きい空間を見直してみると、ガラッと変わっていいですね。

ただ、一日で終わらせようとすると、意外に時間がかかり、途中でいやになったり、モノに見入って作業が進まなかったりしますので、下段右側だけとか、上段だけとか、少しずつ少しずつやってみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

大きい空間何とかしたい!と思う方はこちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へをクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

|

« 整理収納アドバイザーフォーラム | トップページ | 親子セミナー楽しかった »

整理収納」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/49252561

この記事へのトラックバック一覧です: 大きい空間がポイント:

« 整理収納アドバイザーフォーラム | トップページ | 親子セミナー楽しかった »