« 毎日が練習 | トップページ | 思いはつながってる »

2010年8月 5日 (木)

地球と対等

今日は野口宇宙飛行士の報告会の日です。

山崎宇宙飛行士の報告会も行ったので、今回もぜひ!と思っておりましたが、とてもとても応募が多く、今回は参加することができませんでしたcrying

しか~し、報告会がライブ中継されることになり、自宅から野口さんのお話しを聞くことができるようになりました。

やっぱり、ついてるgood

ということで、子供たちと子供たちのお友達とで、報告上映会を開きました。

2時間の報告会でしたが、とっても濃い話と映像で、すっごくもおもしろかった。

宇宙飛行士になりたい娘は今回も、メモメモしながら、真剣に見ていました。

それを横目で、下の子とその友達は、遊び回っていますwobbly

ま、2年生じゃ、しょうがないか。

野口さんのお話しはどれも興味深くおもしろかったのですが、私が印象に残ったのは、

地球を宇宙から見た時に感じたこと。

宇宙から見る地球は、国境もなく、国と国とが隣り合って、繋がっていて、一つです。宇宙から見ると、自分と地球は一つの生命体として、対等な感じがしますとおっしゃっていたこと。

だからこそ、地球を愛おしいと思うし、守らなければならないと思うと。

そうなんですよね。大きな宇宙から見たら、地球は一つの星で、それは、まるで、一つの大きな宇宙船。

スペースシャトルに乗る人は3年間かけて、お互いを知り、尊重し、協力しあう人たちです。地球号に乗っている私たちも、国や宗教、皮膚の色を超えて、お互いを認め、尊重し、協力し合うことが大切なんだなと改めて思いました。

そういえば、15年くらい前にオーストラリアのエアーズロックに行った時に、夜バーベキューをしたのですが、その時に見た空は、満点の星空で、流れ星を何度も何度も見ることができるような、まるで、プラネタリウムのようでした。

あの時、見た星空は、まさに、宇宙の中にいることを感じさせてくれました。

マイケル・ジャクソンさんはThis Is Itの中で、今なんとかしなければ後、4年で滅んでしまうとおっしゃっています。

今、私たちにできること、やれることを、少しずつでもやっていかなければいけないなと思います。

人間はついつい自分たちのために全てがあるように思ってしまいますが、人間も自然、地球の一部でしかありません。自分たちがずっとずっと地球に住んでいたいなら、他の生物、物質を尊重し、大切にする気持ちが必要ですよね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

美しい地球を宇宙から見てみた~いなら、こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへをクリックしてね。

いつも本当に感謝しています。

|

« 毎日が練習 | トップページ | 思いはつながってる »

みーこのワクワク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/49070103

この記事へのトラックバック一覧です: 地球と対等:

« 毎日が練習 | トップページ | 思いはつながってる »