« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月29日 (月)

初めてママの力になりたい!

初めて赤ちゃんを迎えるって、とっても不安。

赤ちゃんが泣いても、どうかしたんじゃないかしら…

赤ちゃんがはけば、病気かなあ…

寝てくれないと、イライラ。

旦那さまに話がしたくても、帰りが遅くて、話も出来ない。

赤ちゃんのことで悩んでいても、誰にも話せず、もんもん。

私も一人目の赤ちゃんの時は、

「私は絶対主婦は向いていないし、子供も一人でいいや〜」

と思ったものでした。

それが、今では3人の母。

そして、主婦には欠かせない部屋の整理の話しをしています。

全く不思議です。

でも、そう言う思いをしてきたからこそ、初めてママになった皆さまの力になりたい!

赤ちゃんを迎えるためのお部屋つくり、赤ちゃんとの生活、赤ちゃんへの働きかけ、などなど、なんでもお教えしたいです。

誰かと話しをするだけでも、スッキリするってことあるじゃないですか。

ママが気持ち良く生活したら、赤ちゃんはもっとハッピーになります。

やっぱり、ママが大切。

かわいい赤ちゃんのためにも、まず、ママ自身スッキリしましょうよ!

まずは、お気軽にご相談ください。

少しでもお役に立てたらうれあひいです。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月28日 (日)

書類の整理でお困りですか?

12月3日(金)は「スタイルアップセミナー~ファイリングセミナー~」です。

会社の書類はファイルにしまったり、キャビネットにしまったりとなんとなく、できているのだけれど、家の中の書類となると、ちょっとね~とお困りではありませんか?

会社の中ではOA化が進み、だいぶ書類が減ってきましたが、それでも、日本は印鑑を必要とする書類がまだまだたくさんあるので、書類の量は多いですよね。

家の中ではいかがですか?

家の中には会社とは違った紙類がた~くさんありますよね。

例えば、DM、自治会のお知らせ、学校からのお知らせ、領収書、保険の書類、クレジットカード明細、税金の書類、年金、医療費の書類などなど、あげればきりがないですよね。

そういう書類をどうやって整理したらよいのか、どこからやり始めたらいいのか、どんな道具を使ってファイルすればよいのか・・・考えるとどうも手がつけられないですね。

そんな時は、

「ファイリングセミナー」

にご参加ください。

紙の書類も、基本的にはモノの整理と同じですが、紙特有のこともありますので、一度「拭ファイリングセミナー」で書類の整理の方法をお聞きになってみると、ずいぶんスッキリすると思います。

ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせ・お申込みはこちらから→H to OのHP

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

自分を知れば相手がわかる

今まで何度か「コミュニケーション」をよりよくするための講座を私のコーチ、遠藤範子氏と共に開催してまいりましたが、今日はさらに一歩すすめて「コミュニケーション実践講座」を開催しました。

人はみんな同じ考えや思いではないから、ぶつかったり、怒ったり、共感したりしますが、それは、自分の中に4つのタイプ(コントローラー、プロモーター、アナライザー、サポーター)を持っていて、どのタイプが強いか弱いかで、特徴が違ってくるそうなんです。

だから、同じ質問をされても、人によって、反応も考えも全然違ってしまうんです。

その4つのタイプを知ろうというのが、今まで開催してきた「コミュニケーション講座」でした。

そして、今日は、その4つのタイプを知り、自分をわかったところで、実際にコミュニケーションをよくするスキルを習う講座として「コミュニケーション実践講座」を開催しました。

以前の講座に参加してくださった方が参加しての今日の講座。

前回の講座で感じたこと、前回の講座から今回の講座までに起こったこと、考えたこと、感じたこと、今回の講座で手に入れたいこと。

参加者全ての思いは違いますが、どんな事例を聞いても、どの人の感じ方、考えを聞いても、とても勉強になります。

それは、当事者になると、自分自身をわからなくなってしまうけれど、第三者的に話しを聞くと、すごくよく見えてくるからなんです。

どんな事例であっても、相手をどうにかしたいとか、相手が間違っていて私が正しいとか、相手のせいだとかでなく、自分がどうしたいのか、どう感じているのか、どうなりたいのかという自分の考えや思いを知ることで、相手のこともわかってくるのです。

家族や友達、職場の上司や部下との関係も、まずは自分に気づくことからなんです。

特に小さなお子様をお持ちのママたちは子供に対して、

「こうさせたい」

「やらせたい」

「そうすべき」

という思いが強いので、相手をどうにかしたいと必死になります。

でも、どんなに小さくても同じ一人の人間です。

相手を変えるなんてできないんです。

そうではなく、まずは、ママである自分の気持ち、

「なぜやらせたいのか」

「そうさせると何が良いと思っているのか」

などをわかってから子供と話をすると子供の反応はずいぶん変わるのだと思います。

「タイプ分けを知る講座をまた開催してくださ~い」というご要望もずいぶんいただいているので、来年開催しようと考えていますが、只今、検討中ですので、次回の講座のご案内は今しばらくお待ちくださいね。

毎日のコミュニケーションが少しでも楽に楽しくなるようにできたらいいなと思っています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月26日 (金)

レンタルスペースの多さにびっくり!

「レンタルスペース」「貸し倉庫」ってご存知ですか?

お部屋の中に入りきらないモノを収納するスペースを貸してくださる倉庫のことです。

倉庫と言っても、コンテナタイプのものもあれば、大きなお部屋を2畳か4畳に区切って使うものと様々です。

今日は巨大な貸し倉庫を見学に行ってきました。

そこは200個くらいの貸し倉庫が入っている巨大な倉庫。

しかも、ほとんどのスペースが契約済み。

すごいですね~。

借りている方はリフォームや引っ越しのために数カ月の間だけ借りてる人もいれば、何年も借り続けていらっしゃる方もいるそうです。

4畳の倉庫はちょっとした別宅っと言った感じです。

季節外の洋服や布団を収納したり、趣味のモノ、本などを収納するなどいろいろだそうです。

貸し倉庫がいっぱいになるほど、皆さま、家の中の収納スペースにお困りなんですね。

会社の社宅などで、どうしても引っ越しやリフォームできない事情もあると思うので、家のスペースを広げることが出来ない場合は、こういう貸し倉庫は便利ですよね。

でも、借りる前にもう一度、今の家の収納スペースの見直しとモノの見直しをしてから貸し倉庫を借りていただきたいなあと思います。

全く使わないモノをしまうために倉庫を借りるのではなく、使うものを一時的に保管するために倉庫を利用するという考えで利用していただいたら、とてもよいシステムだと思います。

スペースを広げる前に、モノの見直し。

自分一人で難しい時は、ぜひ、一度プロにご相談くださいね。

そのうえで、最適な大きさの倉庫を借りたらきっと有効活用できると思いますよ。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月25日 (木)

冬支度

ちょうど一週間前のブログ「いのちの旅」に載せたイチョウ並木がすっかり冬景色になりました。

Dvc00081

イチョウの葉っぱはすっかり落ちて、丸裸な木々が寒そうに立っています。

そのかわり、道路や芝生の上には黄色いじゅうたんが敷き詰められています。

きれいだけど、やっぱり寒そうですよね。

Dvc00082

そして、もみじは真っ赤に色づき、寒々とした空にひときわ映えて美しいです。

このもみじも去年の今頃のブログに登場したもみじです。

Dvc00083

こちらは我が家のクリスマスツリー。

毎年11月になったらすぐ出すのに、今年はずいぶん遅くなってしまいました。

今年も子供たちが大騒ぎをしながら飾ってくれて見るからに楽しそうなクリスマスツリーです。

なんだか、すっかり冬ですね。

みなさまの冬支度は澄みましたか?

着るものも厚手になってきましたよね。

部屋の中にはこたつやストーブもお目見えでしょうか。

そういう時にサッと出せるといいですよね。

季節の変わり目が憂鬱になるほど、モノを出すのが大変だとイヤになるものです。

季節の変わり目がお部屋の変わり目になるといいですよね。

一気に全部をきれいにするのは大変ですから、少しずつ、一か所ずつ初めていきませんか?

少しずつ確実にきれいになりたい方のためのスタイルアップセミナーを毎月開催しています。

12月3日は書類の整理です。

部屋にあふれる紙達をまずは、まとめて、すっきりきもちよくしませんか?

お申込み・お問い合わせはHPで承っています。

ちょっと気になるなと思ったらまずはご相談くださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月24日 (水)

「捨てる」ということ

最近、「断捨離」が流行っていて、「捨てる」ことを頑張っていらっしゃる方も多いと思います。

今日のつくば市島名公民館の講座でも

「捨ててスッキリしました!」

と笑顔で話してくださる方が多いです。

とても素晴らしいことだし、「スッキリ」という気持ちがとても良いと思うのです。

確かに、講座やセミナーの中でも、

「使っていないものは家の外に出しましょう」

とお話ししていますので、「捨てる」ことはお話ししています。

でも、

「捨てる」ことが目的ではないですよね?

何のために「捨てる」のでしょうか?

それが、自分の中ではっきりしていれば、いいと思うのです。

例えば、「捨てる」ことで、目の前のスペースを広くする、とか、

思いを断ち切る、とか、

部屋をきれいにして、心地よい空間を手に入れたい、とか、

モノが少なくなることで、探す時間を減らして時間を有効に使いたい、とか。

「捨てる」は手段であって、目的ではないと思うのです。

だって、「捨てる」ってことは、モノを生かせないってことでしょう?

せっかく生まれたモノなのに、生かされずにゴミになるって悲しくないですか?

使いきって「捨てる」ならいいし、自分が生かしきれないモノを誰かに使ってもらうのもいいと思うのです。

でも、ただ、「捨てる」だけでは、本当にもったいないですよね。

「捨てる」ことが目的になると、捨てても捨てても、まだ何か捨てなきゃって思ってしまったりして、だんだん疲れてしまいます。

もう一度、モノに心を向けて考えてみてはいかがでしょうか。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月23日 (火)

水戸でのスペシャル講座

今日は茨城県水戸市での「整理収納アドバイザー2級認定講座」

今日の講座はちょっと特別。

それは、収納スタイリストの吉川永里子さんとの共同開催講座でした。

さらに、私の講座では珍しく参加者全員が30代以下のステキな女性。

なんか華やいで楽しいです。

グループ実習でも、みなさんとっても楽しそうに意見交換をされていました。

理論編を私が担当し、実習編を吉川さんが担当してくださり、収納スタイリストによる収納の基本が聞けて私も勉強になりました!

水戸で開催したのに、参加者の方に水戸在住の方がいらっしゃらなかったのはちょっと残念でしたので、次回は、ぜひ、水戸の方にもお聞きいただきたいなあと思います。

次回の開催は、

平成23年3月27日(日)9:30~16:30 茨城県立県民文化センター

です。

もう平成23年になっちゃうんですね~。

時の経つのは本当に早いです。

新しい年を迎えるまでにお家をきれいにするようにたくさんの皆さまのお手伝いができたらいいなと思っています。

年末までに何とかしたい方、どうぞお気軽にご相談くださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010年11月22日 (月)

整理収納仕分人inスーパーニュース

今日のスーパーニュース「整理収納仕分け人第2段」ご覧になりました?

整理収納アドバイザーの大先輩、整理収納セラピストの古堅純子さんが出演されました!

「整理収納仕分け人第2段」ということで、一人暮らしの独身女性宅と旦那様に先立たれ一人暮らすおばあちゃまのお宅の整理収納を古堅純子さんがテキパキと片づけて行きます。

お一人目のお嬢さんは結婚して皆がくつろげるようなきれいなお部屋にしたいと思いながらも、要らないモノにあふれるお部屋に暮らしています。

そこで、古堅先生がか~つ!

ビシバシときびしい言葉を言いながらも、お客様に本当に幸せな結婚をしていただきたいからこその愛の言葉。

お部屋はすっきり見違えるようにきれいになり、広くお友達も呼べるようになりました。

二人目はたくさんの思い出のモノと暮らす一人暮らしのおばあちゃま。

今まで大切にとっておいた数々の思い出の品を自分が今スッキリさせなければダメだとお感じになっての今回の整理。

本当に大切なモノ、もう要らないかなと思うもの。

一つ一つに心を向けて、本当に自分が大事にしたいモノをはっきりさせ、お部屋もすっきりきれいになりました。

捨ててしまって元気がなくなってしまうなら、本当に大事なモノは大事なように大切にとっておきたいと古堅さんもおっしゃっていました。

私も本当にそう思います。

大事と言って忘れ去られるような事でなく、大事なモノを大事に扱う。それが、本当に大切な事。

お二人ともきれいなお部屋を前に本当にステキな笑顔でした。

「肩が軽くなった感じ」「部屋が澄んだ感じ」とおっしゃっていたのが、印象的でした。

九州の整理収納アドバイザーの方々も映っていて、同じ仕事をしているものとして、本当にうれしいです。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月21日 (日)

心を表す

1通の封筒が届きました。

その封筒はオレンジ色の封筒で、丁寧なきれいな字で私の名前が書いてあります。

それは、以前「ゆほびかGOLD Vol.7」で応募した中河原 啓先生から送られてきたオレンジ色の封筒です。

中河原 啓先生はスピリチュアルカウンセラーで、宇宙のエネルギーをキャッチして描きあげる絵と、的確で優しさあふれるカウンセリングで多くの人を癒している方です。

中河原先生から送られてきたオレンジの封筒には不思議なパワーがあり、その中に願いや通帳などを入れておくと、願いがかなったり、お金の流れが変わったりすると言われています。

「ゆほびかGOLD Vol.7」にはその封筒の記事が載っていて、中河原先生が描いた「財宝の絵」の付録もついていました。

さらに、抽選で中河原先生が応募者の住所と名前を直筆したオレンジの封筒が当たるというビッグプレゼントもありました。

ものすごくたくさんの方が応募することはわかっていましたが、ダメでもともとと思い、私もそのプレゼントに応募しました。

そしたら、なんと、当選したのです!

応募したことは覚えていたけれど、どうせダメと思っていたから、ずいぶん時間が経って送られてきた封筒に本当にびっくりしました。

中を見てみると、先生からの直筆の私へのお手紙付き。

これは、出版社の方も予想外のことで、先生のご厚意でくださったとの事なんです。

もう鳥肌が立つくらいにうれしくて、うれしくて。

先生からの手紙には私が応募の際に書いた先生への手紙についてのお返事のような形で書いてくださっているんです。

その美しい柔らかな文字から先生の温かい心が伝わってきます。

本当にありがとうございます。

願いがかなうとかそんなことよりも、中河原先生が私のことを思い、丁寧に書いてくださったことに本当に本当に感謝しています。

字やモノからその人の心が表れるってことなんですよね。

そしたら、今日はうちの娘がとってもステキな絵つきの誌を見せてくれました。

Dvc00071

「詩」という題の詩です。

詩はすなおな自分になれる

まるでまほうがかかるように

すなおになれない人も感じた心をすなおに思い書ける

人には伝えられない何かを伝えることも出来る

読んだ人もみじかくまとめてある詩を一つ一つ深く考えることができる

詩はすなおな自分になることができる

まるでまほうがかかるように

背景の絵は心を表しているそうです。

親バカですが、こういうふうに心を表せるってすごく素敵だと思うし、素晴らしいなって思うんです。

感じたままに言葉や絵に表わす。

私にはできないことなので、余計に素晴らしいなと思います。

中河原先生が感じとったまま絵にするのと、娘が思ったまま言葉や絵にするのは何か通じるものがあると思ってまたうれしくなります。

親バカなコメントですみません。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月20日 (土)

30年ぶりの再開

今日は中学校の同窓会
30年ぶりの再開、20年ぶりの再開、10年ぶりの再開。
なんと、75名のお友だちにあつまっていただきました。
そして、今も4次会の真っ最中です。
4次会だって言うのに30名ぐらい残っています。
すっごい!
今回も私たち夫婦が幹事をさせていただきましたが、ホントにありがたいことです。
先生もみんなもとっても喜んでくれたし、同窓会を開いた事をとても喜んでくれました。
中学校のお友達と今でも仲良くできるなんて、ステキですよね。
そう思うと、うちの中学2年の息子も今のお友達が一生の宝物になるのかなあ。
住んでいるところも、中学卒業後の様々なこともみんなそれぞれ違うけど、会って一瞬のうちに中学にもどれるのが、うれしいです。
人の繋がりって宝ですよね。
たくさんの人のご縁で幸せに生かして頂いていることに心から感謝します。
今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

写真って何だろう

最近、どこのセミナーでも、この話題になります。

「写真」

どうやって収納したらよいのだろう?

どのくらい保管したらよいのだろう?

写真を保管してどうなるんだろう?

子供の写真を撮るとたいして良いショットでなくても、とっておきたくなりますよね。

写真はどんどん増えて行きます。

いつまでとっておいたらよいのでしょうか。

子供が一人暮らしをしたり、結婚したりした時に小さい頃の写真って持っていきますか?

自分の時はどうだったのでしょうか?

自分では新居で保管はしていなくても、親に保管してもらっていますか?

それらの写真はその後どうなるのでしょうか?

両親が亡くなった時には自分の家にやってくるかもしれません。

そうしたら、子供達の大量の写真の保管だけでも大変なのに、自分の小さかったころの写真なんて保管するのは大変です。

自分がこの世を去る時にはそれらの写真はどうなるのでしょうか?

大量の写真は子供たちや孫たちが保管するのは大変ですよね。

かといって亡くなった人の写真を処分するのも大変です。

そうやって考えていくと、「写真」って何のためにとるのでしょうか?

撮ってもめったに見ない。

見たら懐かしいと思うけど、いつも見るわけではないし。

最近は紙に印刷しなくても、デジタルフォトブックで手軽に見ることができますよね。

でも、全ての写真をデジタルフォトブックに入れるわけでもなく、データとして持っているだけだと、ホントに人に見てもらう機会がなくなります。

一生懸命写真を撮っても見ないのだったら、カメラのファインダーを見るより、自分の目で子供が一生懸命演技している姿を見た方が、良いのではないでしょうか。

「写真」はまだ見る機会があっても、「ビデオ」になると、もっと見る機会がなかったりして。

以前は、子供たちの写真をとりに写真館に行って何万円もかけて立派なアルバムを作ってもらい祖父母にも差し上げたりしたいましたが、両親と同居している今は、家に同じ立派な写真が2つあります。

ん~、もったいない。

写真がないと思い出が残らないような気がしてしまうけれど、ホントは心の中に大切な思い出がしっかり残っているんですよね。

形じゃなくて、自分の心の中に。

そう思うと、最低限の写真だけを保存していつでも持ち出せるようにして置き、あとは、自分の目でしっかり見るのがいいのかな。

なかなかスッキリと解決できない、難しい問題だけど、考えていかなければいけない大切なことかなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

いのちの旅

私がお世話になっている仕事場がある敷地にはとても立派ないちょうの並木道があります。

101118_115646_2

夏には緑がとても鮮やかに光り輝き、

秋には黄色が鮮やかです。

いつ見てもとてもきれいなので、いつか写真をとりたいと思っていましたが、なかなかチャンスがなく、ようやく今日、写真をとってきました。

でも、

だいぶ葉っぱが散っています。

こうして写真をとっている時にも次から次へと葉っぱが舞い落ちてきます。

Dvc00056 

どうでしょう。まるで、黄色のじゅうたんです。

子供たちが来たらふわふわの葉っぱでたくさん遊べるだろうな~。

きれいですよね~。

「葉っぱのフレディ~いのちの旅~」

の本を思い出しました。

葉っぱのフレディーが生まれてから土に帰るまでのお話しを通して、「生きる」ということ「死ぬ」ということを考える絵本です。

春から夏にかけて人々を楽しませたり、木陰を作って涼しくしたり人々のために一生懸命働いた葉っぱたちも秋から冬になるにつれ、一つまた一つと木から離れて落ちて行きます。

全ての葉っぱはやがて木から離れて行きますが、それはとても怖く辛いように感じるようなことです。

でも、その時が来てみると、思っていた感じとは違って、おだやかに静かに眠りについて行きます。

その時が来て初めて木の大きさを感じることもできます。

木から離れ土の上に落ちていくことが、最後のように感じますが、実は、土に落ちた葉っぱは春になり、土になり、やがて、今まで自分がいた木を大きくするための肥やしとなっていくのです。

この世の中の全てのモノ、人、事はこれと同じなんだと思います。

全ては始りがあり終わりがある。

私たち自身もそうですが、私たちが使っているモノも。

私たちが手放し、ゴミになってしまっても、実はそれが、再利用されていたり、土に帰っていたり、水になっていたり。

全ては循環し、私たちの生活を良くしていくことになっていくのだと思います。

そういうことを子供たちには伝えていきたいなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらもクリックよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

うれし恥ずかし初ネイル

今日はいつもにも増してウキウキ気分ですnotes

それは、

恥ずかしながら初ネイルshine

航空会社に勤務していたころは、爪も伸ばしてマニキュア塗ってなんて、しておりましたが、家事、子育て、仕事と自分に使う時間はどんどん少なくなるし、爪が短い方が都合が良かったりすることが多くて、爪のおしゃれは縁遠くなっておりました。

が、

今週末、中学の同窓会があり、今回も幹事だし、なんか爪もおしゃれしたいなと、私の講座を受講して下さったネイリストさんにお願いして、きれいにしていただきましたheart01

こちらです

101117_220752 ハンドモデルはいまいちですがcoldsweats01

ネイルはかわいいでしょうsign01

淡いピンクをグラデーションしていただき、薬指に小さなお花とキラキラをちりばめて。

なんか、超うれしいですhappy01

小学4年生も、すぐに気が付き、

「いいな~、いいな~、私もやる~」

と大騒ぎです。

いくつになっても、いくつでも、女はきれいがうれしいんですね。

身体も心もお部屋もいつもきれいでいたいですよね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

生活の変化を実感

茨城県小美玉市羽鳥公民館の「スッキリde快適ライフ収納講座」6回目

今日もたくさんの気づきがありましたflair

・今まで何度も行っている100円ショップなのに、こんなに便利なモノがあるなんて、全然気が付きませんでした!商品は合ったのだと思うんですが、自分の目には映らなかったんですよね。不思議です。

このご感想は100円ショップに売っているお皿立てを鍋のふた立てに利用した方からです。今で、お皿に使うモノと思っていたのと、私はお皿は立てて収納しないという思いがあったから全然目につかなかったんですよね。

・包丁とまな板を出しっぱなしにしないように気をつけて生活してみると、しまうのが当たり前になって、出しっぱなしにしているとすごく気持ち悪いんですよね。今までは何とも思っていなかったのに、不思議です。

こちらの方も気をつけてしまうようにしてみると、今は無意識にしまうようになったと喜んでいらっしゃいます。

・なかなかモノは減らないけれど、洗ったお皿はすぐに拭いてしまうように気をつけています。私が出来そうなことはこのぐらいですが、毎日気をつけてお皿を出しっぱなしにしないようにがんばっています!

こちらの方も目に見えて部屋がきれいになっていってはいないけれど、毎日の生活の中で意識をして、出しっぱなしをなくしたり、元にもどすことをやっていらっしゃいます。

・玄関にいつも出しっぱなしになっていたサンダルなどを気をつけてしまうようにしたら、玄関がいつもきれいでとても気持ちがいいです。家族も気をつけてくれて本当に良かったです。

ちょっと履くサンダルなどはいつも玄関においておきがちですが、それをしまうだけで、玄関がスッキリ気持ち良くなるなんて、すごくいいですよね。

という具合に、少しずつの進みでも、確実に前に進んでいる皆さま、本当に素晴らしいですよね。

少し意識することで、生活そのものが変化していきます。

気持ちがいい、スッキリ、楽になるなど何か感じるとまた何かしてみたくなるものです。

まずは、ホンの少しでよいので、何か初めてみませんか。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

絵本つながり

今日は小学校の絵本の読み聞かせの日。

小学4年生の娘のクラスの担当です。

今日の絵本はこちら

「番ねずみのヤカちゃん」です。

どんなお話しかと言うと

4人兄弟のねずみのヤカちゃん。

4人の兄弟は、ある日、お母さんから一人で暮らすように言われます。

家に住んでいる人に見つからないように静かにする、昼間は絶対に歩き回らない、食べ物を食べたらきれいにする、ネズミ捕りとねこには気をつけることをお母さんに教えられますが、ものすごく大きい声のヤカちゃんはどんな時にも大声です。

そのため、家に住んでいるご夫妻に見つかり、わなをしかけられたりします。でも、寸でのところで見つからずに何とか無事でしたが、なかなか食事にありつけません。

ある日、夜中に食べ物を探していると、どろぼうが入ってきて、家中の高価なモノを盗んでいます。そして、ヤカちゃんの大好きな上等なチーズを食べようとしていました。

それを見ていたヤカちゃんはいつもの大きな声で「どうろぼう!」と叫ぶと、どこから声がしたのかわからないどろうぼうは大慌て何も持たずに逃げて行きました。

その様子を聞いていたご主人は、どろぼうをやっつけてくれたヤカちゃん達を番犬のごとく「番ねずみ」として大切にしてくれ、毎日上等のチーズを食べることが出来、堂々とこの家に住むことができました。

本を読む時は、できるだけセリフのように読むように気をつけています。

そんなに上手に読めるわけではありませんが、子供たちはいつもよ~く聞いてくれますので、今日のように大きな声と小さな声を使い分けたりすると、とても喜んでくれます。

読んでる私と聞いてる子供たちが一体になる感じかなあ。

30人近い子供たちが真剣に聞き入ってくれたり、笑ったり、コメントしたりしてくれると読んでる私の方が楽しくなってきます。

ひと月に1回の貴重な時間。

私には癒される幸せな時間です。

何年生になっても、本を読むのも聞くのも大好きな子供たちでいてほしいなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックしていただけるとうれしいです。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

今を大切に!

昨日までの「整理収納アドバイザーフォーラム」の楽しい時間の続きで、今日の「ベーシックセミナー」も充実の楽しい1時間半になりました。

というのも、今日はなんと、マンツーマンセミナーになってしまったからです。

しかも、今日ご参加の方は、以前私の子育てママの講座に参加してくださった方なので、整理の基本のお話しもだいたいはご存じ。

だから、さらに詳しく、以前のセミナーから今日までにやってみたこと、うまくいったこと、困っていることなどをいろいろお話しすることができました。

お子さまがまだ1歳半と小さいので、これから写真や作品などの管理の仕方、引っ越しが近いので新居での家具の配置や屋根裏部屋の使い方などなど盛りだくさん。

お子様の作品やお手紙、教科書や通知表などどのように保管していますか?

どんどん増えていくから大変ですよね。

初めて書いてくれたママの絵。

一生懸命作った空き箱を使っての工作。

幼稚園の先生とのやり取りが書かれている連絡ノート・・・

どれもママにとっては、かけがえのない思い出。

いつまでとっておいたら良いのでしょうか。

ずっとずっと取っておいたらどんなふうになりますか?

親からすると子供の成長そのもののこれらのモノ。

子供からしたらどうですか?

ご自身が始めて書いたママの絵のこと覚えていますか?

それは、ずっと手元に置いておきたいものですか?

子供からすると、もう覚えてもいないし、結婚する時に持っていきたいものでもないんですよね。

じゃあ、誰のために、何のためにとっておくのでしょうか?

そう、ママ自身のためなのです。子供の成長をの証をとっておきたいママのため。

でもね、子供の思い出は、十分頭や心にしっかり焼き付いているし、今目の前にいる子供は今までの成長の結果なんですよ。

だから、目の前の子供の姿をしっかり見ていれば、過去の思い出のモノがなかったとしても、全てはそこにあるんです。

過ぎ去った過去にとらわれるのではなく、今目の前にある人、モノ、事を大切にしていれば、きっと未来は自分の思った方向に進むのではないでしょうか。

これから何が起こるか分からない未来を心配して、今を楽しく行きなければ、明るい楽しい未来も子内ように思います。

だからこそ、一番大切なのは、「今」

今の生活です。

それを圧迫してまで過去のモノをとっておくと「今」が楽しくなくなってしまうような気がしませんか。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

出会いと感動のフォーラム終了!

「整理収納アドバイザーフォーラム2010」2日目が無事終了しました。

今回はスタッフという形で参加させていただきましたが、たくさんの素敵な出会いと感動の2日間でした。

私の「整理収納アドバイザー2級認定講座」を受講して下さった方にも、私のブログを楽しみに読んで下さっている方にもお会いする事ができました。

同じアドバイザーさんなのに、私のブログを楽しみにして下さってるなんて、本当に感激です。

それだけでなく、私の言葉で元気をもらったり、ほっとしたりしていると、言っていただけるなんて、幸せです。

「会いたかったです」とおっしゃっていただいた時には、涙がでるほどうれしかったです。
本当にありがとうございます。

また、たくさんの素敵な仲間といっしょにフォーラムを作る事ができ、たくさんの学びと楽しい時間を過ごす事ができました。

みなさんホントに良い方ばかりだし、頭が整理されているので話が早いんですよね。
すごく楽しかった。

もう一つよかった事は、茨城県のもう一人の整理収納アドバイザー つきさんが、整理収納コンペティションで準グランプリを受賞した事です。

スタッフとして一生懸命作業をしていたのに、その合間をぬって、コンペティションに参加し、見事準グランプリに輝く。

そうたやすく出来ることではありません。

同じ県のアドバイザーとして、自分ののことのように うれしく思いました。

最後に、この2日間を楽しく過ごすことができたのも、家族が協力してくれているおかげだし、快く出してくれるおかげです。

たくさんの方々に助けられて、幸せな時間を過ごさせていただいていることに心から感謝いたします。

今日も最後まで読んで下さって本当にありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

整理収納アドバイザーフォーラム2010

今日は整理収納アドバイザーの一年に一度の祭典。
「整理収納アドバイザーフォーラム2010」の第一日目。
約200名の整理収納アドバイザーが全国から集まりました。
今年のテーマは
「STOP THE 執着」
モノへの執着
何かの思いへの執着
整理をすることで暮らしと心が変わります。
一日目の今日は
「知識を捨てる」の著者、川井かおる氏による特別講演「捨てて、活かす!〜『"捨てる"ご縁でひろがる可能性〜」
と、
整理収納アドバイザーによる整理収納コンペティション
がありました。
どのお話も「そうそうそう!」と思うような納得のお話しで整理収納アドバイザーだけでお聞きするのはもったいなあと思ってしまいます。
明日も特別講演会とスキルアップ分科会があります。
皆様にお伝え出来るよう、しっかり聞いてきますね。
そのお話しはまた明日。
今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。
いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

子供のためにママの心スッキリしましょ♪

今日は0歳から6歳位までのお子様をお持ちのママさんに気持ちスッキリ、お部屋スッキリしてもらうための講座でお話させていただきましたkaraoke

お子様達を預けての貴重な2時間を私の話しを聞くために使っていただけたこと、本当にうれしくありがたく思いますhappy01

中にはママから離れられずに泣き叫んでいたり、ママもお子様も辛かったと思います。

それでも、聞きたいと思ってるからこそ、皆様真剣です。

私も出来るだけたくさんの疑問や質問、もんもんとした気持ちにお答えしたいと精いっぱいお話させていただきました。

ママになるとどうしても、

「子供にはこうしてほしい」

「こうできるはず」

「こうでなければ」

という思いが強くなってしまい、思い通りにならないことで、気持ちがイライラしたり、自分をダメだと思ってしまったりしてしまいます。

さらに、

「良いママでいたい」

「良い奥さんでいたい」

という気持ちも加わるとさらに辛くなります。

でもね、

子育てにしても、お片づけにしても、最初からうまいくわけもないし、ちゃんと習ったことのないことが出来るわけがないんです。

今日のセミナーでお片づけのやり方がわかっていただきたいのはもちろんですが、そういう辛い気持ちもスッキリ楽になってもらいたいなあと思ってお話しました。

アンケートの結果では、ほとんどの皆様から

「気持ちが楽になりました!」

「出来る気がします!」

「やってみたくなりました!」

「スッキリしました!」

と言うお言葉をいただきました。

本当にうれしいですhappy01

ママの笑顔や自信は全て子供達にはねかえります。

子供達も頑張った分、ママたちが笑顔に変わるといいな。

素敵な出会いheart04がたくさんあった今日一日でした。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

いつも本当に感謝ています。

こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックいただけるとうれしいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月10日 (水)

優雅な空間

今日はつくば市島名公民館「スッキリ快適整理収納」講座3回目

「くつろぐリビングの作り方」

家族がくつろぎ、お客様をもてなす、ちょっぴり優雅な空間をめざしました。

「優雅な空間」ってどんな空間でしょうか?

「優雅さ」「美しさ」「きれいさ」には人それぞれの感じがあると思うんです。

だから、自分が考える「優雅な空間」はどんなお部屋かを考えないと作れないんですよね。

できるだけ広く見えるようなお部屋?

モノがあまりないお部屋?

きらびやかなお部屋?

ま、どんなお部屋にしても、モノがた~くさんあるお部屋っていうのは、ちょっと「優雅」とは違うかもしれませんね。

「空間」って空いていると、何か置きたくなっちゃったり、無駄に見えちゃったりしますけど、その「空間」の余裕が心の余裕でもあるかなとも思います。

置く家具の数は変わらなくても、置き方によって、広く見えることもあります。

色が統一されているとか、置いてある収納用品がそろってるとかでも、違って見えますね。

あとは、やっぱり、今持っているモノを全部収めようとするのではなく、「空間」スペースにモノを合わせる感じが大事かなと思います。

スペースは際限なく増やせるわけではないですよね。どんなに増やし続けても限界がやってきます。

ならば、スペースの確保に悩むよりは、今あるスペースに合うモノでいかに暮らすかを考えた方が良いかなと思います。

この考え方も「優雅な空間」にはとっても必要だと思いますよ。

家族がホッとできる空間。

とても大事な空間です。

まずは、どううい空間を作りたいかをしっかりイメージして家族みんなで楽しく考えてみてくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックしていただけるととってもうれしいです→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

今週末は書類の整理セミナー

今週末は書類の整理セミナーですflair

お家の中の書類の整理はいかがですか。

年末が近づいてくると、いろいろな紙が増えてきますよね。

年末調整に必要な書類

年賀状を書くための去年の記録

冬休み前の学校からのお知らせ

などなど

毎日の紙にさらに増えて行きます

お金に関わる大事な書類も多いですから、しっかり保管したいところですね。

そこで、必要になるのが、

書類の整理の方法です。

ただなんとなく保管しておくと、後で見直すのも大変です。

やり方を一度きちんと聞いておくと、その後の生活が変わります。

今週末、11月14日(日)11:00〜13:00に「書類の整理セミナー」を開催いたします。

年末せわしなくなる前の今がチャンスです!

この機会にどうぞご利用下さいね。

お申し込み・お問い合わせはこちらからお願いします。

今日も最後まで読んで下さってありがとうございました。

いつも本当に感謝しています。

最後にこちらもクリックしてくれるとうれしいです→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 8日 (月)

整理の輪が広がっています

私は2008年10月より毎月、茨城で「整理収納アドバイザー2級認定講座」を開催しております。

もうかなりの方が整理収納アドバイザー2級を取得されました。

中には「整理収納アドバイザー1級」に挑戦される方もいらっしゃいます。

そして、「合格しました!」のうれしいお声をいただくことも多くなってきました。

でも、茨城で活動をしている「整理収納アドバイザー認定講師」はなんと2人しかおりません。

まだまだ「整理収納アドバイザー」という名前も資格も仕事も知られてないんです。

だからこそ、少しでもたくさんの人に知っていただきたいと思い、毎月「整理収納アドバイザー2級認定講座」を開いております。

ですから、「整理収納アドバイザー1級」の方が茨城にも多くなるというのは、私にとってとてもうれしい事なんです。

もっともっとたくさんの人に知っていただき、一人でも多くの方に「自分らしい快適な生活空間」で生活していただけたらなと思っています。

年内はあと2回「整理収納アドバイザー2級認定講座」を茨城にて開催します。

11月23日(火・祝)9:30~16:30 茨城県立県民文化センター

12月19日(日)9:30~16:30 つくばカピオ

どちらもお申込み受付中です。

「部屋の片づけをどこから手をつけて良いかわからない。」

「何度やってもダメなのよね。」

「本はたくさん持ってるんだけど、上手くいかないわ。」

と思っている方も、

「お部屋をきれいにするの大好き、もっとうまくなりたいな。」

「お部屋の片づけをもっと上手になりたいな。」

「片づけの知識を仕事にできたらいいな。」

と思っている方にも

ご満足いただける1日の講座です。

年末の大掃除前にいかがでしょうか。

お申込み・お問い合わせはホームページにて承っております。

ご連絡お待ちしております。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックよろしくお願いします。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 7日 (日)

桜田門外ノ変見てきました

映画「桜田門外ノ変」見てきました。

どんなお話しかと言うと開国を迫られている時代、人々の暮らしが苦しくなるような政策をとり、朝廷をないがしろにしている大老 伊井直弼を暗殺しようと薩摩藩の後ろ盾を得て、水戸藩の有志が計画し、実行します。暗殺は成功しますが、それに関わったほとんどの武士たちが自らの命を立ったり、捕えられて死罪になります。そして、水戸藩主からも企てた者たちを厳重に処罰するよう命令が下されます。このままでは日本がダメになる、日本を変えたいという強い意志の元、暗殺をしましたが、結果、幕府の力は弱まりましたが、幕府を倒すまではいたらず、逆に自分たちが死に追いやられてしまうという悲しい結末になります。そして、事件から8年後、大政奉還、幕府はたおれ、明治時代に変わります。

とこんな感じのお話しです。

見ていて、とっても苦しくなりました。

と同時に幕末の時代に生きていた人々はホントにすごいなと改めて思いました。

だって、日本を変えるために、自らの命や家族を捨てて、目的のためにやり遂げようとするんです。

夜中に水戸から江戸まで走って行く。

今の時代には考えられないですよね。道もないような山道をろうそくの火一つもって走り続ける。

そこで用事がすまないのなら、薩摩にまでも歩いて行く。

その気持ちはどこから来るのでしょうか。

どうして、そんな強い気持ちを持てるのでしょうか。

それは、すべて日本を変えたいとの思いやそのために死んでいった同士の思いのため。

その考えは正しかったかもしれないけれど、少しやり方が違ってしまったのかも。

だから、結果、その事件に関わった全ての人がこの世を去ることになってしまったから。

ん~、悲しいです。

でも、この事件をきっかけに大政奉還へは早まったと思うし、あのまま伊井直弼が大老として君臨していたら、人々の生活はもっと苦しくなり、誰かが違う事件を起こしていたかもしれません。

でも、一時は、諸藩の後ろ盾を得て、計画を実行したのに、事件が成功したにもかかわらず、応援していた諸藩も口を閉ざし、味方をしてくれるものはだれもいない。

みんな若くしてこの世を去ってしまいましたが、もし、生きていたら、もっと日本のために活躍しただろうなあと思います。

今の平和な日本があるのも、みんなこの時代の人々が真剣に思い、考え、行動した結果ある幸せなんですよね。

日本に暮らす人々が幸せであることだけを考えて自分の命を使いはたしてしまった方々のためにも、私たちは今生きている幸せを感じ、大切に生きていくことが必要だなと思った映画でした。

なんか、重い話しでごめんなさい。

でも、大切なことを気づかせてくれる良い映画だと思います。

ちなみに水戸で撮影していたので、知り合いの方も出演していま~す。

ちゃんと、映画の最後に出演者の名前が出てくるところに名前が載っていました。

すご~い。

ぜひ、ご覧くださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックしていただけるとうれしいです→にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 茨城県情報へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 6日 (土)

子供たちの輝き

今日は私の子供たちが通う小学校の学習発表会karaoke

各学年ごとの発表やクラブ活動の発表、金管楽器の演奏、保護者による読み聞かせなどなど盛りだくさんの内容です。

各学年ごとの発表は合唱、合奏、創作劇、ミュージカルといろいろありました。

子供たちの歌声って、なんて、澄んだきれいな声なんでしょうか。

楽しそうに体を動かしながら、一生懸命歌う姿がきれいな声をますます盛り上げます。

歌声を聞いていると、涙が出てくるくらい心が震えます。

友達の事を歌った歌、もうすぐ卒業し、未来に向かって旅立つ歌、どれもとてもステキでした。

ミュージカルはあの「マッスルミュージカル」のミニミニ版。

ちょっぴり、失敗もあるし、予定外のハプニングもありますが、それがまたかわいいんです。

会場一体になり、テンポよく進んでいくミュージカルはとてもとても楽しかったです。

1年生から6年生まで目を輝かせて楽しく一生懸命に発表する姿は本当にステキですね。

大人になると一生懸命に何かに打ち込んだり、目を輝かせてやることがなかったり・・・そういう大人もホンの少し前は、こんなふうに目をキラキラ輝かせて、お友達と大きな声で歌ったり、体当たりで挑戦したりしてたんですよね。

子供たちの姿を見て、パワーと、キラキラ輝く心をいただきました。

私も子供たちのようにキラキラ輝きます!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらをクリックもよろしくお願いします。→にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 5日 (金)

リバウンドしないお片づけ

収納の本をたくさん買って、読んでみて試したみたけれど、どうもうまくいかないな~とお感じの方がとてもたくさんいらっしゃいます。

そして、その方々が共通して感じていることは、

「私はダメ」

「やっぱり私は下手」

と自分にダメだししていること。

それに輪をかけて、家族から特にご主人から

「おまえがちゃんとできないから」

と責められ、また、

「あ~、やっぱり私のせい」

と落ち込む。

本をみて一生懸命頑張ってきれいにしても、1週間ともたず元の状態になる。

以前よりも悪い状態。リバウンド。

もう、何度も何度も同じことの繰り返し。

家が片付いたら、スッキリするのに。

どうしたらいいの?

どうして、本を読んでもやってみてもうまくいかないのでしょうか。

それは、収納する前の整理のやり方がわからないからです。

どんなにうまく収納しようと思っても、整理がうまくできなければ、うまく収納することはできないのです。

でも、その整理をうまくするのは、本を読んでもなかなか行動するのが難しい。

それは、頭ではわかっても心ではわかっていなかったり、自分自身とモノを見つめていくことを一人でするのは難しいからなんです。

今日のセミナーにご参加くださった、私のセミナーを何回か受講してくださっているお客様がしみじみおっしゃっていました。

「今までは、やっても、すぐリバウンドして、家がきれいになったら、あ~もできるし、こ~もできるのに、と思いながらイライラ生活していましたが、今は、セミナーで習ったことを実行して、だいぶ家がすっきりしたし、リバウンドしないので、気持ちが楽になりました。」

そして、もうひとつおっしゃっていたのが、

「先生のところに何回か通って話しをすることで、自分に気づくことができたのだと思います。」

そうなんです。一人であ~だこ~だ考えてもぐるぐる空まわりしてしまうことも、誰かに話すことで、自分自身に言い聞かせていることになるんです。

そして、そのことで、自分の本当の思いや感じに気づく。

これは、コーチングと同じこと。

私はコーチではないけれど、コーチングをもう2年くらい受けているので、自然とコーチのように話しをしているのかもしれないです。

まあなんにしても、私のところで話をすることで、自分自身に気づき、楽になっていけるのなら、私はとってもうれしいし、もっと話してほしいなあと思います。

どうしていいかわからないなあと煮詰まったら、私のところで話してみませんか。

定期的に3回または6回お茶を飲みながら、お部屋の片づけのこと、モノのこと、自分自身のことなどを話して、お部屋のお片づけを進めてみるのはいかがでしょうか。

「レギュラーコンサルティング」随時受付中です。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックしてくれたらうれしいです→にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 4日 (木)

赤ちゃんがいる暮らし

今日はものすご~くかわいい赤ちゃんがいるお宅へコンサルティングにうかがいました。

まだ2ヶ月のその赤ちゃんはとっても小さくて何をしていてもかわいいです。

まだよく見えないと思うけど、 私の顔を見てうれしそうに笑ってくれると、すごくうれしい~happy01

なつかしいな~。

うちの子供達もかわいかったよな~。

さて、さて、そんなかわいい赤ちゃんがいるお宅ですが、まだ赤ちゃんを安心して、快適に子育てする状況になっていなくて、どうにか早く良い環境にしたいと思う、かわいいママのご依頼でうかがいました。

今は2ヶ月なので、ほとんどの時間寝ていますが、あと数ヶ月すると寝返りをうったり、ハイハイをしたりするようになります。

そうなると、もう大変です。

床にモノが置いてあったら、すぐに口に入れてしまうし、ちょっと高い所でも、手を伸ばしてとっては口に入れる。

もう、目が離せません。

じっと寝ている今のうちがチャンスsign03です。

まずは、赤ちゃんが寝ているところをきれいにするところから始めて、次にママがサッサと作業ができるようにキッチンをスッキリしていこうということになりました。

ママが少しでも楽に家事が出来、赤ちゃんとゆったりと過ごせるお部屋。

ママのためんですが、実は赤ちゃんのためでもあるんです。

だって、ママがイライラしていると赤ちゃんにその気持ちはぜ~んぶ通じてしまうから。

特におっぱいを飲んでいる赤ちゃんは、ママの事全部感じちゃう。

だから、ママが心地よい暮らしをするのはとっても大切なんです。

かわいい赤ちゃんのため、若いママさんのため、私も精一杯お手伝いいたします!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックしていただけるとうれしいです→にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 3日 (水)

子供のモノのお片づけ

今日は中学生と小学生の男の子のお部屋のお片づけサービスにうかがいました。

学習机の引き出しや本箱の整理。

お子様達と一緒にモノを要・不要に分けたり、グループに分けたりしながら、置き場所を決めていきましたが、子供部屋をきれいにしていくうちに、子供達の作品、テスト、お手紙、写真、使用済みの教科書などなど子供たちのモノがたくさん出てきました。

これらのモノは子供たちがよく使っているモノとは違うので、全てお母さまにどのようにするか決めていただくしかありません。

でも、こういうモノってどうしたらいいかわからないですよね~。

これから使うわけではないけれど、思い出があるし、テストや教科書は大切なモノだから、捨てるのもどうかと思ってしましますね。

どうしましょうか。

例えば、テスト。

何のためにとっておきますか?

子供が見直しをして勉強するためですか?

テストの点数の記録のためですか?

子供ががんばった証をお母さまがとっておきたいのですか?

もし、子供が見直しのためにとっておくのであれば、すぐに見直しができるように教科ごと、時系列に保管が必要になります。また、テストの問題、解答用紙、解説も必要になります。

テストの点数の記録のためなら、問題や解答用紙、解説は必要ではなくなりますよね。

子供のためでなく、お母さまが思い出としてとっておきたいのなら、お子様の部屋に保管が必要なのでしょうか。

「何のため」「とっておいてどうしたいのか」をはっきりさせないと保管の方法も決まらないのです。

お母さま、思いだしてください。

お母さまが結婚する時に、ご自分の小学校の時のテストを新居に持っていきたかったですか?テストの成績をずっと保管したいと思いましたか?

きっとほとんどの方は、結婚する時にわざわざ小学校の成績やテストを新生活に持っていこうとは思わないと思うのです。

なのに、子供のこととなると、ずっととっておきたいと思うし、子供に持たせたいとも思ったりするんですよね~。

不思議です。

じゃあ、どうしましょうか。

もし、お母さまが思い出としてとっておきたいのなら、どのくらいとっておきたいですか?

小学校から大学まで?

ものすごい量になりますね。それを保管するスペースと今の生活のスペースはどちらが大切ですか?

自分と向き合うことから、モノを整理することは始るんですよね。

モノを整理しながら過去の思い出に浸るのではなく、モノを整理しながら自分の心と向き合って今の生活を大切にいたしましょう!

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックいただけたらとてもうれしいです。にほんブログ村 子育てブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 2日 (火)

くつろぐリビングの作り方

今日は茨城県小美玉市羽鳥公民館「スッキリde快適ライフ収納講座」第5回目

今日のお題は

「くつろぐリビングの作り方」

リビングといってもダイニングとリビングが一緒だったり、和室にこたつの部屋だったりと家族がくつろいだり、お客様をもてなす空間は人それぞれ。

でも、どんな形にせよ、家族がゆっくりぐーたら出来たり、お客様との楽しいおしゃべりの空間をとても大切な場所。

ここをどのように作っていくのか。

セミナーの内容はお話しできないけれど、ホンのさわりをご紹介。

まずは、自分がどんな部屋にしたいのかをよ~く考える事が大切です。

私にとってのくつろげる、もてなす空間ってどういう部屋なのかをはっきりさせるのです。

それがわからないと何をどのように置いたらよいのかは全くわかりません。

できるだけ具体的なイメージがあった方がいいかな。

どこかの家とかホテルとかモデルハウスとか。

そして、その部屋には何があったらいいのかを考える。

できたら紙に書いたり、誰かに話したりするといいと思います。

ただなんとなく頭の中で考えていると、すぐ忘れてしまったり、考えが変わってしまったり、考えがまとまらなかったりしますが、紙に書いて見るとか、人に話すことで、自分自身がはっきりします。

思いを言葉にする、自分の感じ方、気持ちをはっきりさせる。

すごく大事なことで、できるようでなかなかうまくできません。

でも、これを少しずつ練習していくと自分の事がよ~くわかるようになり、頭がとっても整理されていきます。

モノを動かす前に頭を整理するとモノを前にしても作業がしやすくなるはずです。

美しさ、優雅さは人によって違いますが、自分が考えるところのゆったりしたきれいな空間をイメージした通りに作っていけるといいですよね。

まずは、イメージ作りから楽しみながらやってみてくださいね。

この続きはスタイルアップセミナーの「くつろげる、おしゃれなリビングの作り方セミナー」でどうぞsign03

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

こちらもクリックしていただけるとうれしいです。にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

ココロのデザート

とってもステキなプレゼントをいただきました。

言葉のプレゼント

「ココロのデザート」

101101_211148 こちらの本です。

これは「大の字」という言葉のプレゼントをしたり、足つぼマッサージやゲルマニウム温浴が出来るリフレクソロジーサロンの代表 こたべ早苗さんが書いた本です。

こたべさんとのご縁は「整理収納アドバイザー2級認定講座」。

以前に受講していただいておりましたが、コピーライターをなさっていたので、お忙しくなかなかお会いすることがなく時間が過ぎておりました。

ふとしたことでまたご縁できることとなりすごくうれしいです。

こちらの本のなかにはタイトル通り自分の心へのご褒美、疲れた心をとかしてくれるようなステキな言葉がたくさんあります。

言葉のプレゼントって、ステキですよね。

「大の字」さんでは送りたい方への思いとその方のイメージをこたべさんへお伝えすると、こたべさんがステキな言葉を考えてくださいます。そして、それをこれまたステキな書で書き額に入れてラッピングをしてくださるんです。

早速私も大すきなお友達のお誕生日プレゼントを作っていただきました。

本当にうれしいです。

モノでなく心を贈るプレゼント、ステキですよね。

今日も幸せ気分になりました。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへをクリックよろしくお願いいたします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »