« いのちの旅 | トップページ | 30年ぶりの再開 »

2010年11月19日 (金)

写真って何だろう

最近、どこのセミナーでも、この話題になります。

「写真」

どうやって収納したらよいのだろう?

どのくらい保管したらよいのだろう?

写真を保管してどうなるんだろう?

子供の写真を撮るとたいして良いショットでなくても、とっておきたくなりますよね。

写真はどんどん増えて行きます。

いつまでとっておいたらよいのでしょうか。

子供が一人暮らしをしたり、結婚したりした時に小さい頃の写真って持っていきますか?

自分の時はどうだったのでしょうか?

自分では新居で保管はしていなくても、親に保管してもらっていますか?

それらの写真はその後どうなるのでしょうか?

両親が亡くなった時には自分の家にやってくるかもしれません。

そうしたら、子供達の大量の写真の保管だけでも大変なのに、自分の小さかったころの写真なんて保管するのは大変です。

自分がこの世を去る時にはそれらの写真はどうなるのでしょうか?

大量の写真は子供たちや孫たちが保管するのは大変ですよね。

かといって亡くなった人の写真を処分するのも大変です。

そうやって考えていくと、「写真」って何のためにとるのでしょうか?

撮ってもめったに見ない。

見たら懐かしいと思うけど、いつも見るわけではないし。

最近は紙に印刷しなくても、デジタルフォトブックで手軽に見ることができますよね。

でも、全ての写真をデジタルフォトブックに入れるわけでもなく、データとして持っているだけだと、ホントに人に見てもらう機会がなくなります。

一生懸命写真を撮っても見ないのだったら、カメラのファインダーを見るより、自分の目で子供が一生懸命演技している姿を見た方が、良いのではないでしょうか。

「写真」はまだ見る機会があっても、「ビデオ」になると、もっと見る機会がなかったりして。

以前は、子供たちの写真をとりに写真館に行って何万円もかけて立派なアルバムを作ってもらい祖父母にも差し上げたりしたいましたが、両親と同居している今は、家に同じ立派な写真が2つあります。

ん~、もったいない。

写真がないと思い出が残らないような気がしてしまうけれど、ホントは心の中に大切な思い出がしっかり残っているんですよね。

形じゃなくて、自分の心の中に。

そう思うと、最低限の写真だけを保存していつでも持ち出せるようにして置き、あとは、自分の目でしっかり見るのがいいのかな。

なかなかスッキリと解決できない、難しい問題だけど、考えていかなければいけない大切なことかなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

|

« いのちの旅 | トップページ | 30年ぶりの再開 »

整理収納」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/509340/50075470

この記事へのトラックバック一覧です: 写真って何だろう:

« いのちの旅 | トップページ | 30年ぶりの再開 »