気持ち元気!

2010年11月27日 (土)

自分を知れば相手がわかる

今まで何度か「コミュニケーション」をよりよくするための講座を私のコーチ、遠藤範子氏と共に開催してまいりましたが、今日はさらに一歩すすめて「コミュニケーション実践講座」を開催しました。

人はみんな同じ考えや思いではないから、ぶつかったり、怒ったり、共感したりしますが、それは、自分の中に4つのタイプ(コントローラー、プロモーター、アナライザー、サポーター)を持っていて、どのタイプが強いか弱いかで、特徴が違ってくるそうなんです。

だから、同じ質問をされても、人によって、反応も考えも全然違ってしまうんです。

その4つのタイプを知ろうというのが、今まで開催してきた「コミュニケーション講座」でした。

そして、今日は、その4つのタイプを知り、自分をわかったところで、実際にコミュニケーションをよくするスキルを習う講座として「コミュニケーション実践講座」を開催しました。

以前の講座に参加してくださった方が参加しての今日の講座。

前回の講座で感じたこと、前回の講座から今回の講座までに起こったこと、考えたこと、感じたこと、今回の講座で手に入れたいこと。

参加者全ての思いは違いますが、どんな事例を聞いても、どの人の感じ方、考えを聞いても、とても勉強になります。

それは、当事者になると、自分自身をわからなくなってしまうけれど、第三者的に話しを聞くと、すごくよく見えてくるからなんです。

どんな事例であっても、相手をどうにかしたいとか、相手が間違っていて私が正しいとか、相手のせいだとかでなく、自分がどうしたいのか、どう感じているのか、どうなりたいのかという自分の考えや思いを知ることで、相手のこともわかってくるのです。

家族や友達、職場の上司や部下との関係も、まずは自分に気づくことからなんです。

特に小さなお子様をお持ちのママたちは子供に対して、

「こうさせたい」

「やらせたい」

「そうすべき」

という思いが強いので、相手をどうにかしたいと必死になります。

でも、どんなに小さくても同じ一人の人間です。

相手を変えるなんてできないんです。

そうではなく、まずは、ママである自分の気持ち、

「なぜやらせたいのか」

「そうさせると何が良いと思っているのか」

などをわかってから子供と話をすると子供の反応はずいぶん変わるのだと思います。

「タイプ分けを知る講座をまた開催してくださ~い」というご要望もずいぶんいただいているので、来年開催しようと考えていますが、只今、検討中ですので、次回の講座のご案内は今しばらくお待ちくださいね。

毎日のコミュニケーションが少しでも楽に楽しくなるようにできたらいいなと思っています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

いのちの旅

私がお世話になっている仕事場がある敷地にはとても立派ないちょうの並木道があります。

101118_115646_2

夏には緑がとても鮮やかに光り輝き、

秋には黄色が鮮やかです。

いつ見てもとてもきれいなので、いつか写真をとりたいと思っていましたが、なかなかチャンスがなく、ようやく今日、写真をとってきました。

でも、

だいぶ葉っぱが散っています。

こうして写真をとっている時にも次から次へと葉っぱが舞い落ちてきます。

Dvc00056 

どうでしょう。まるで、黄色のじゅうたんです。

子供たちが来たらふわふわの葉っぱでたくさん遊べるだろうな~。

きれいですよね~。

「葉っぱのフレディ~いのちの旅~」

の本を思い出しました。

葉っぱのフレディーが生まれてから土に帰るまでのお話しを通して、「生きる」ということ「死ぬ」ということを考える絵本です。

春から夏にかけて人々を楽しませたり、木陰を作って涼しくしたり人々のために一生懸命働いた葉っぱたちも秋から冬になるにつれ、一つまた一つと木から離れて落ちて行きます。

全ての葉っぱはやがて木から離れて行きますが、それはとても怖く辛いように感じるようなことです。

でも、その時が来てみると、思っていた感じとは違って、おだやかに静かに眠りについて行きます。

その時が来て初めて木の大きさを感じることもできます。

木から離れ土の上に落ちていくことが、最後のように感じますが、実は、土に落ちた葉っぱは春になり、土になり、やがて、今まで自分がいた木を大きくするための肥やしとなっていくのです。

この世の中の全てのモノ、人、事はこれと同じなんだと思います。

全ては始りがあり終わりがある。

私たち自身もそうですが、私たちが使っているモノも。

私たちが手放し、ゴミになってしまっても、実はそれが、再利用されていたり、土に帰っていたり、水になっていたり。

全ては循環し、私たちの生活を良くしていくことになっていくのだと思います。

そういうことを子供たちには伝えていきたいなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらもクリックよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月13日 (土)

出会いと感動のフォーラム終了!

「整理収納アドバイザーフォーラム2010」2日目が無事終了しました。

今回はスタッフという形で参加させていただきましたが、たくさんの素敵な出会いと感動の2日間でした。

私の「整理収納アドバイザー2級認定講座」を受講して下さった方にも、私のブログを楽しみに読んで下さっている方にもお会いする事ができました。

同じアドバイザーさんなのに、私のブログを楽しみにして下さってるなんて、本当に感激です。

それだけでなく、私の言葉で元気をもらったり、ほっとしたりしていると、言っていただけるなんて、幸せです。

「会いたかったです」とおっしゃっていただいた時には、涙がでるほどうれしかったです。
本当にありがとうございます。

また、たくさんの素敵な仲間といっしょにフォーラムを作る事ができ、たくさんの学びと楽しい時間を過ごす事ができました。

みなさんホントに良い方ばかりだし、頭が整理されているので話が早いんですよね。
すごく楽しかった。

もう一つよかった事は、茨城県のもう一人の整理収納アドバイザー つきさんが、整理収納コンペティションで準グランプリを受賞した事です。

スタッフとして一生懸命作業をしていたのに、その合間をぬって、コンペティションに参加し、見事準グランプリに輝く。

そうたやすく出来ることではありません。

同じ県のアドバイザーとして、自分ののことのように うれしく思いました。

最後に、この2日間を楽しく過ごすことができたのも、家族が協力してくれているおかげだし、快く出してくれるおかげです。

たくさんの方々に助けられて、幸せな時間を過ごさせていただいていることに心から感謝いたします。

今日も最後まで読んで下さって本当にありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月 1日 (月)

ココロのデザート

とってもステキなプレゼントをいただきました。

言葉のプレゼント

「ココロのデザート」

101101_211148 こちらの本です。

これは「大の字」という言葉のプレゼントをしたり、足つぼマッサージやゲルマニウム温浴が出来るリフレクソロジーサロンの代表 こたべ早苗さんが書いた本です。

こたべさんとのご縁は「整理収納アドバイザー2級認定講座」。

以前に受講していただいておりましたが、コピーライターをなさっていたので、お忙しくなかなかお会いすることがなく時間が過ぎておりました。

ふとしたことでまたご縁できることとなりすごくうれしいです。

こちらの本のなかにはタイトル通り自分の心へのご褒美、疲れた心をとかしてくれるようなステキな言葉がたくさんあります。

言葉のプレゼントって、ステキですよね。

「大の字」さんでは送りたい方への思いとその方のイメージをこたべさんへお伝えすると、こたべさんがステキな言葉を考えてくださいます。そして、それをこれまたステキな書で書き額に入れてラッピングをしてくださるんです。

早速私も大すきなお友達のお誕生日プレゼントを作っていただきました。

本当にうれしいです。

モノでなく心を贈るプレゼント、ステキですよね。

今日も幸せ気分になりました。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへをクリックよろしくお願いいたします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

自分に気づく

今日は整理収納アドバイザーのためのコーチングセミナーに参加しました。

もっと早くにこのセミナーを受講するはずでしたが、父の入院があったりで、参加できず今日に至ったというセミナー。

でも、今日参加させていただくのには意味があったflairと感じるセミナーになりました。

それは、

約2年間コーチングを受けた中での私に起こった変化、体験をお話しすることで、皆さまによりコーチングをわかっていただくことができたし、何より私自身が「話す」ことで、自分に起こったことを整理し、あらためて気づくことができたからです。

もし、もっと前に参加していたら、コーチングセミナーを受講することで、学べることはあったとは思いますが、ご参加の方のお役に立つとか、自分のことを皆さまに話すことで得る気づきはなかったと思います。

「自分に気づく」って簡単なようですが、これがなかなか難しいんですよ。

誰にも見せない、自分も気づいていない自分に気づく。

一人ではなかなか気づけないし、気づいたとしても、その気づきにふたをしてしまったり。

例えば、子供に早く寝なさいということも、子供に早く寝てもらいたいのは、

自分の時間がほしいからなのか、

早く寝ないと自分も早く寝れないからなのか。

子供のためと思って言っているようだけれど、本当は、自分のためだったり。

お部屋の整理の場合も一緒です。

モノにあふれているのは、モノをたくさん買い込むからなのか、

あまり使っていないからもったいないと思って捨てられないからなのか、

いつかは使うと思って持ってしまっているのか。

自分がどんなふうに思っているのか、感じているのかが自分でもわからなくて、困ったなと思う状況になっているってことがたくさんあります。

自分の思いや感じがわからないから、他のモノや人のことが気になるのです。

だから私は、セミナーやお客様のお宅にうかがった時によく質問します。

どんな感じがしましたか?

どういうふうに思いましたか?

良いとか悪いとかではなくて、そういう自分がいるということを感じてもらう。

それが、モノを整理していく時にひっかかってしまう事を少しずつ少しずつ変えていくことになると思います。

モノを整理するには、心が整理されるというのはとても大切だし、重要なこと。

一人では難しいことも私と一緒に話しながら感じながら、やっていきませんか。

きっと気持ちがすっきりした時にはお部屋もすっきりなりますよ。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

友達っていいね

うちの子供たちは毎日、お友達と遊ぶことをとてもとても楽しみにしています。

学校で一緒に遊んでいるのに、学校から帰ってきてもすぐにお友達の家に行ったり、公園で遊んだり。

私が子供のころはみんながそうやって、毎日毎日外で遊んでいたような気がしますが、今は外で遊ぶ子供は少ないんですよ。

習い事や塾などで忙しかったり、遊ぶ公園がなかったり、ゲームに夢中になっていたり・・・

ちょっと悲しいですね。

そう考えると、うちの子供たちってなんて幸せなのでしょうか。

外で思いっきり遊べる公園があって、一緒に遊んでくれるお友達がいて。

しかも、学年を問わず、一緒に遊べるっていいですね。

中学2年のお兄ちゃんは、部活のお友達と本当に仲良しで、部活が休みの日も、みんなでワイワイつるんでいます。

一時期はもうサッカーいやだな、なんて言ってたのに、今はサッカーが一番楽しいなんて。

信頼できるいい仲間がいるって、宝物ですね。

中学のお友達ってたとえ高校が分かれてしまっても、ずっと仲良しだったりしますよね。

私の中学の友達もそうです。

今年は10年ぶりの同窓会があります。

ちょうど2000年に同窓会を開いてから丸10年。

同窓会の連絡をすると、たくさんの友達からすぐに連絡がきました。

そして、学年の半分が同窓会に出席してくれるなんて、うれしいです。

昨日のブログに書いた「家族」は自分の心のよりどころになりますが、「友達」もまた、かけがえのない心の支えになりますね。

子供たちにも人と人とのつながりを大切に大切に大きくなってもらいたいな。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへをクリックもよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

究極の損得勘定

私はいわゆる前向き本、大~好きです。

読んでいると、とても元気が出てくるし、明るい気持ちになるからです。

明るい気持ちになるって、今より明るくなったらどうなっちゃうの~って思っている方もいるかもしれませんがcoldsweats01

で、小林正観さんの本の中に「損得勘定」の話しがあり、よく思いだしては、私も「損得勘定」で行動しよう!って思うんです。

どういうことかと言うと、

「幸せだな」「ありがとう」「感謝しています」などの言葉をいつも言ったり、

トイレ掃除をしたり、

頼まれごとは「ハイ」と引き受けたり

するのは、全て自分のためだから、してるっていうことなのです。

全ての言動や行動は、必ず自分に帰ってくるのです。だから、良い言葉や行動は結局は自分に良いことが起こるということです。

だから、自分に良いことが起きてほしいから良い言葉を使ったり、行動をしたりしていると正観さんは言ってるんです。

誰だって、良い事が起こってほしいですよね。でも、だからと言って、良い言葉を言い続けるってなかなかできないです。大変なことです。

わかっていても出来ない。でも、それをちゃんとやってる。

そこがすごいところだし、だからやっぱり良いことがたくさん起きているんだと思います。

そういう「損得勘定」ならいいですよね~。

自分のためが誰かのためにもなっているんですもの。

口ぐせの本をたくさん書いている佐藤富雄先生も同じようなことを書いていらっしゃったと思います。

誰かに「きれいですね~」とほめる言葉を言うことは、相手に言っているようですが、実は脳は誰に言っているのか判別しないので、「きれいですね~」という言葉を自分自身に言っていることになるということです。

だから、人をほめればほめるほど、自分に帰ってくる。

それなら、たくさんほめた方がいいって思いますよね。

人もいい気分になり、自分もきれいになる。最高ですね。

斉藤一人さんも「8つの呪文」と言っています。

・愛してます
・ついてる
・うれしい
・楽しい
・感謝してます
・幸せ
・ありがとう
・ゆるします

今日からますます「損得勘定」しっかりして、人も自分も楽しくハッピー、ラッキーになっちゃいましょう。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへをクリックもよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

できることだけ見ましょうよ!

私はよく

「がんばってるよね~。そんなに忙しくて大丈夫~?」

とか

「いっつも元気だよね~。前向きですごいね~」

とか

「航空会社で働いて、今は、好きな仕事でバリバリやって、輝いてるよね~」

なんて言われます。

そういうふうに言ってくださることは本当に光栄ですし、うれしいです。

ありがとうございます。

でも、

私はそんなにすごくないんですよ。

別にスーパーウーマンでもないし、何でも完璧にできるわけでもないです。

できないこともたくさんあるし、いやだな~って思う部分もたくさんあります。

全然、普通の人で、すごくなんかないんです。

でも、もし、何か違うところがあるとすれば、

それは、

結構、何でも、物事をいい方にとらえることかな。

いい方にとらえるというか、自分に都合のいいようにとらえることかも。

例えば、何か失敗しても、「もっと大変なことにならなくて、ラッキー」って思ったり。

「今間違えたから、次は大丈夫!」なんて、思ったり。

「とりあえず、やってみるか」と思ったり。

「今日はこれと、これと、これが出来ちゃった、すご~い」って思ったり。

なるべくできたことだけを見るようにしてるんですよ。

もちろん、たまには、子供に「これもやってないし、これもできてない!」なんて、怒ったりすることもありますけど。

だって、人間ですもん。

できないことに目を向けたら、きりがないです。でも、できることに目を向けたら、これまた、たくさんあるんです。

毎日、夜寝る時に今日はこれができたってことを思って、いい気分で寝るだけでも、眠りがずいぶん違うと思います。

日々の生活には、いろんなことありますよ。でも、できたことだけ見ていきましょうよ。

きっと毎日が楽しく、幸せに思いますよ。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへをクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年9月28日 (火)

気持ちも手放す

先日終了した「良い人間関係を作るためのコミュニケーション~苦手なあの人と笑顔で~」セミナーにご参加くださった方からうれしいお知らせをいただきました。

その方は今回が2回目のご参加。

仕事での人間関係に活かしたいということで参加してくださいましたが、意外にもお嬢様の事で気がラクになりましたということなんです。

お嬢様は小学校に登校するために自分でちゃんと準備をし、すごく早く学校に行っては学校でも準備を万端にしておく、しっかりもののお嬢様。

他人から見ればしっかり者のお嬢様もお母さまからすれば、イライラする時もあるようです。

例えば、自分の段取り通りに朝の支度が進まないとお母さんに「早く、早く」とせがみ、そのことでお母さまは朝からイライラ。

その気持ちわかります。

このセミナーに出ることで、もっとお嬢様に任せてみることに決めたお母さま。

早速、任せてみると・・・

活き活きとテキパキ行動し始めたそうです。

フライパンと油の場所を教えたらハムエッグを作り、お母さまにはパンに、お父様にはご飯に乗せてくれたり、「もっとできるお料理教えて」と言われたそうです。

素晴らしいshine

学校に行く7時まで余裕の残り40分は、色んな話をしたりドリルをやり、自分でレインコートを出し、タオルを持って学校に行ったそうです。

お母さまは「何ていい子なの!!」と心の中で思ったそうですが、彼女は何も変わっていないのです。

今までも、きちんと頑張っていました。

変わったのはお母さまなのです。

そう、母親が子供への思いを手放すと子供はしっかり自分で考え、行動するのです。

母親になるとどうしても、子供に「こうでなくちゃ」「見てないとできないはず」「まだ無理」などなど決めつけてしまうことがあります。

でも、子供は子供なりにしっかり考えているんですよね。

それどころか、子供のそういう姿に親が教えられることってたくさんあるんですよね。

私も今日、娘と出かけた時に、目的地までの道順を簡単に説明すると、駐車場からそこまでは、一人で行く!と言って、私からの説明を手のひらに書き取ったメモを頼りにさっそうと走って行きました。

親の気持ちを手放すと子供はもっと羽ばたけるのかもしれないですね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

良い人間関係を作るためのコミュニケーション講座終了しました

「良い人間関係を作るためのコミュニケーション~苦手なあの人と笑顔で~」の講座が本日終了しました。

前回5月に開催してから4カ月。

再受講の方、初めてご参加の方と「コミュニケーション」についてたくさんお話ししました。

この講座は私がお話しするわけではなく、国際コーチ連盟 認定プロフェッショナルコーチの遠藤範子氏による講座です。

笑いあり、涙あり、うんうんと納得の本当に楽しい講座でした。

ご参加くださいました皆さま、本当にありがとうございました。

講座の始めに、うまくコミュニケーションがとれていない人を思い浮かべてその人とうまくコミュニケーションをとるためには自分がどうしたらよいのかを書きました。

それから、1日かけてコーチングについてを学びながらコミュニケーションの取り方、人には4つのタイプがあり、それぞれの特徴を学びました。

自分がどのタイプかを知ることで、自分の行動パターンというかくせがわかります。

そして、相手のタイプがわかることで、その人がうれしいと思うこと、いやに思うことに気づきます。

そのタイプを知っていることが、苦手だなと思っていた人ともうまくコミュニケーションをとっていく方法なのです。

自分の感じたこと、思ったことを発表することですごく気づきがありますが、人が話していることを聞くことでもっと気づきがあるのもとてもおもしろいです。

ご参加の皆さまのお顔も始まる時と最後に感想を述べていただいた時は、全く違います。

皆さま自信にあふれているというか、何かワクワクしている感じで、とてもステキなお顔をされていました。

私もすご~くうれしいです。

私自身もとても楽しかったし、学びがたくさんありとても勉強になりました。

次回は今日の話しをもう少し進めてコミュニケーションのスキルを具体的に習い、練習していく講座を開く予定です。

コミュニケーションの講座は整理収納の講座と同じにとても大切で、毎日の生活を心地よくするのに必要だと思っています。

これからも企画していきますので、次回はぜひ、一緒に学びませんか。

お待ちしておりますhappy01

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 ライフスタイルブログへをクリックもよろしくお願いします。

いつも本当にありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧