親育て子育て

2010年11月15日 (月)

絵本つながり

今日は小学校の絵本の読み聞かせの日。

小学4年生の娘のクラスの担当です。

今日の絵本はこちら

「番ねずみのヤカちゃん」です。

どんなお話しかと言うと

4人兄弟のねずみのヤカちゃん。

4人の兄弟は、ある日、お母さんから一人で暮らすように言われます。

家に住んでいる人に見つからないように静かにする、昼間は絶対に歩き回らない、食べ物を食べたらきれいにする、ネズミ捕りとねこには気をつけることをお母さんに教えられますが、ものすごく大きい声のヤカちゃんはどんな時にも大声です。

そのため、家に住んでいるご夫妻に見つかり、わなをしかけられたりします。でも、寸でのところで見つからずに何とか無事でしたが、なかなか食事にありつけません。

ある日、夜中に食べ物を探していると、どろぼうが入ってきて、家中の高価なモノを盗んでいます。そして、ヤカちゃんの大好きな上等なチーズを食べようとしていました。

それを見ていたヤカちゃんはいつもの大きな声で「どうろぼう!」と叫ぶと、どこから声がしたのかわからないどろうぼうは大慌て何も持たずに逃げて行きました。

その様子を聞いていたご主人は、どろぼうをやっつけてくれたヤカちゃん達を番犬のごとく「番ねずみ」として大切にしてくれ、毎日上等のチーズを食べることが出来、堂々とこの家に住むことができました。

本を読む時は、できるだけセリフのように読むように気をつけています。

そんなに上手に読めるわけではありませんが、子供たちはいつもよ~く聞いてくれますので、今日のように大きな声と小さな声を使い分けたりすると、とても喜んでくれます。

読んでる私と聞いてる子供たちが一体になる感じかなあ。

30人近い子供たちが真剣に聞き入ってくれたり、笑ったり、コメントしたりしてくれると読んでる私の方が楽しくなってきます。

ひと月に1回の貴重な時間。

私には癒される幸せな時間です。

何年生になっても、本を読むのも聞くのも大好きな子供たちでいてほしいなと思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックしていただけるとうれしいです。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月21日 (木)

娘とのおやくそく

私のデスク前には娘が書いた大切な大切なおやくそくが書いた紙がはってあります。

そこには

「いつも、笑顔でいること」

ママが怒っていたら「ママ、怒ってるよ」って言ってあげる~heart01

ママも私が怒っていたら「怒ってるよ」って言ってね~heart01

「自分の笑顔でみんなを幸せにするよheart01だから笑って、笑っていいことふやそう、みんなをHAPPYにしようsign01

って書いてあります。

これ、自分で考えて、突然、私にくれたんです。

私が怖~い顔してたのかな~coldsweats01

それからは、この紙がいつも私を見ていてくれます。

忙しくて難しい顔をしてパソコンをたたいている時も

ちょっとカリカリ来ている時も

この紙から娘の笑顔が出てきます。

毎日の生活では、笑ってばかりはいられないですよね。

でも、笑えないような時こそ、強制的にでも、口を横にニッと広げて笑う真似だけでも、してみると、なんだか、今怒っていたのが、バカバカしく思えたりして。

娘が言っているように

自分の笑顔が自分だけでなく、みんなを笑顔に幸せにするならば、いつもいつも笑っていたいな。

今も我が家のリビングからは子供たちのにぎやかな笑い声が聞こえてきます。

あ~、ホントに幸せheart01です。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

こちらにほんブログ村 子育てブログへをクリックもよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

8回目のバースデー

昨日は、一番下の小学校2年生の息子の誕生日でした。

いつもは誕生日に家族でパーティーをするのですが、今年は習い事が重なってみんなで一緒に夕食が食べれないので、今日がパーティーでした。

100902_185822 今日のメニューは息子のリクエストで

ピザ2種

シーザーサラダ

スパゲッティナポリタン

手羽先チキン

スープ

そして、ケーキ

別に特別豪華ではないけれど、みんなで食べるご飯はやっぱり最高!

息子に8年間でよかったことはなに?と聞いてみました。

「ウルトラマンに出会えたこと」

「今生きていること」

予想もしていない答えだったので、びっくりしたのと同時に、大人でもなかなか言わないかなと思うことを思っていたので、すごいなと思いました。

10か月の赤ちゃんの時に脳梗塞で右半身不全になったことは彼の記憶にはないと思うのですが、大きくなるにつれ、周りの人から言われたり、その病気がどういう病気なのかを理解しての発言だと思うと、とても重い言葉だと思います。

私も「今、元気に生きていてくれること」が何よりもうれしいです。

今は元気でいるのが当たり前になっているけれど、病気になった時は、元気でいることがどんなに素晴らしいことで、ありがたいことかと思っていました。

それなのに、今は当たり前と思ってしまうのですから、人間ってずいぶん勝手ですよね。

人は親を選んで生まれてくるし、今起こっていることは自分で決めてきたことだと本で読みました。

もし、そうだとしたら、息子が病気になること、私を母と選んで生まれてきたなんて。

彼が私のお腹にいた時からいろいろな事があって、私は何度どなく彼に助けてもらいました。

今私がこうして元気にいられるのは、彼のおかげです。

彼の誕生日がくるたびに思い出すのは、もし、彼が脳梗塞になっていなかったら私が脳梗塞になっていたかも。

そう思うと私が今生きているのは彼のおかげ。

彼へのお誕生日のメッセージは

生まれてきてくれてありがとう。

元気でいてくれてありがとう。

いつもやさしい子でありがとう。

こういう気持ちで毎日なかなか暮らせないけれど、こういう気持ちになる時間が長くなるような人になりたいな。

これからもずっとずっと家族そろって元気にお誕生日が迎えられますように。

心から思います。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月31日 (火)

それぞれの夏休み最後の日

いよいよ夏休み最後の日。

いや~長かった。

そう思うのは親だけでしょうか。

子供たちは、

も~明日から学校か~。

と嘆いております。

休んでも休んでも、この気持ちは変わらないのかもしれませんが。

最後の日は3人それぞれです。

宿題に追われ慌ててやってる子

とっくに終わって余裕で遊んでる子

宿題が終わってないけど、友達と楽しく宿題やってる子

同じように育ててつもりでも3人それぞれです。

そして、明日の学校の準備も、さっと終わる子、なかなか進まない子、少しやっては他のことに目がいってしまうこと様々です。

面白い。

3人それぞれだからこそ、私の方もそれぞれにあった対応をしなければならないのですが、親というのはなかなか思っているようにはできなくて、日々修行です。

でも、修行をさせていただいているおかげで、親子教室やお客様のお宅でお子様達に整理の話しをする時にはとっても役に立ちます。

そういう意味で本当にありがたいことです。

それぞれの特徴を生かしつつ、うまく整理ができるように導いていく。難しいけれど、上手くいった時の喜びは本当に大きいので、すごくうれしいです。

こういう経験を生かして、もっとたくさんの子供たちに整理のことを知ってほしいなあ。

もっともっと親子教室をやっていきたいし、小学校や中学校でも授業の一つとしてできたらいいなあと思います。

親子教室やって~、授業やって~と思ったらいつでもお気軽にご連絡くださいね。

そして、こちらにほんブログ村 子育てブログへもクリックよろしくお願いします。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月19日 (木)

親子教室って楽しい♪

今日は小学4年生の娘と小学2年生の息子と一緒に「親子パン教室」に行ってきました。

おととしも参加したのですが、その時はお兄ちゃんも一緒に参加し、全員が

「うまい、うまい」

の大絶賛で、その後も家で同じように作ってかなりの期間盛り上がりました。

なので、今年も参加。

今日のメニューは

シナモンロール

コーンパン

ツイストドーナツ

焼売パン

ホカッチャ

どれも、ホントにおいしかったdelicious

特にホカッチャ最高!

すごくシンプルなんだけど、そこがまたいい。

子供たちにも大人気でした。

ツイストパンとシナモンロールはおみやげに持って帰り、家族みんなで少しずついただきました。

作るのも楽しいけど、みんなで食べるのもうれしいね。

親子でイベント参加って楽しいですね。

私もなかなか子供たちとこういう時間を作ることができないので、今日はとっても楽しかった。

皆さまも親子イベント参加してみませんか?

8月26日(木)9:30~11:30 「夏休み 親子で一緒にお片づけセミナー」

こちらは親子で、何かを作るというわけではありませんが、家に帰ってから親子でお部屋をきれいにする、きれいにすることで、生まれるコミュニケーション、新しい生活も楽しめますよ。

あと4組お席があります。

夏休み最後のイベントにぜひお役立てくださいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。こちらにほんブログ村 子育てブログへをクリックよろしくお願いします。

いつも本当に感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 1日 (日)

それぞれの成長

今日から8月。

夏休みまっただ中。

3人の子供たちは習い事、部活にがんばっています。

中学2年のお兄ちゃんは、暑い中、毎日、サッカーで汗だくです。グランドの土埃と汗で、ぐちょぐちょになりながら、真っ黒に日焼けしてくる日もくる日も練習しています。

そして、昨日と今日は3年生が引退してからの新しいチームでの初試合。

メンバーはみんな仲良し。だから、試合も声をかけあい、カバーし合い、本当にがんばって戦いました。暑くて、苦しくて、見ていてもかわいそうなくらいだったけど、それでも、必死で走ってボールを追いかけて、小学生のころから見ている子供たちの、ものすごい成長ぶりにうれしくなりました。

結果は準優勝。

あともう少しのところでPK負け。残念。でも、これからの試合が楽しみな今日の試合でした。

そして、小学4年生の娘は、昨日、今日とチアリーディングの合宿。

去年は練習も大変だったみたいだし、知らない人が多かったので、ちょっと大変だったみたいだけど、今年はとっても楽しかったみたい。

お友達もたくさんできたし、練習もしっかりこなせたみたい。

荷物のパッキングもおこずかいの使い方も今年はバッチリ。

少~し大人になったかな。

今も合宿の話しをパパに機関銃のように話まくっています。

良かった。

小学2年生の弟君も今日は朝からサッカーの合同練習会。

4つのチームのお友達と練習したり、ミニゲームしたり、楽しかったみたい。

まだまだサッカーがすっごく好きというわけではないけれど、少しずつ少しずつ、サッカーをすることが楽しくなったのかな。

今日はお兄ちゃんの試合を見ることはできたけど、弟君の練習は全然見れなかったら、「お兄ちゃんの時みたいに、僕の試合にも見に来てよ。ママが来てくれたら、もっと頑張れるのに!」と言われてしまいました。

弟君はお兄ちゃんの時と同じようにしたいんだよね。

3人の子供に同じように時間をかけるのはとても難しいけれど、かける時間だけじゃなく、気持ちをしっかりかけるようにしなくちゃね。

子供達はこうしてどんどん成長していきます。いろいろな人との関わりの中でたくさんの学びがあります。親としては、子供の成長を楽しみでもあり、成長につれて難しくなることもあるけれど、親の考えや経験を押しつけるのではなく、温かく見守っていくスタンスでいきたいな。

3人の子供の成長のおかげで、私も成長させていただける気がします。

ありがたいね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

少しずつでも日々成長を一緒に目指して、こちらにほんブログ村 子育てブログへをクリック、よろしくお願いします。

いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

子供のうちに知っておきたい人間の法則part2

昨日の続きの

「子供のうちに知っておきたい人間の法則」

をご紹介します。

8.チリがつもればの法則

「チリもつもれば山となる」といいますが、人間は全員がチリで、岩のように生まれた人は一人もいません。山のように見える人でも、近づいて良く見ると、チリがつもって山のようになっただけだとわかります。コツコツとチリを積んでいきましょう。

9.すぐ忘れの法則

人間は面倒な動物で、せっかくコツコツと練習して覚えたことでも、やらないとすぐに忘れてしまします。だから、同じことを何度も反復練習しなければなりません。できる人は、また練習しているだけですから。

10.最初は下手の法則

人間はとても不器用で下手で、最初から上手な人はいません。そのかわりに、練習をすればするほど上手になれます。上手に見せようとするのもよくありません。正直に下手でいいし、正々堂々と練習をしましょう。それが、早く上手になるコツです。

11.三日坊主の法則

毎日続けるのも練習で、最初から続く人はいません。最初は三日も続けば上出来です。次は四日坊主をみざしましょう。

12.失敗の法則

「どうせやっても」とか、「また今度」といって、やらない人がいます。「失敗するkらいなら、やらないほうあまし」とおっているのでしょう。「死っぱを恐れないで、思い切ってやりなさい。」というのが、そもそもウソで、何もshないのが一番の失敗です。

13.なんでも勉強の法則

やってもうまくいかなかったら「これだと、うまくいかない」がわかり、ひとつ賢くなれます。何があっても「これでひとつ賢くなれた、ありがたい」と思いましょう。

14.ヤル気の法則

勉強でも仕事でもスポーツでも、一番大切なのはヤル気です。けれども頭で「ヤル気を出さないといけない」とわかっていても、なかんかそうはいきません。「他人から言われるとヤル気はなくなるが、自分が自分に言い聞かせたことなら、わりと素直に聞くことができる」自分を強くして自分の好きな人間に変えてきましょう。

15.幸福の法則

何が幸せかは、いろいろな答えがあり、私の答えもいろいろ変化してきました。そして、今の答えは「幸せとは、成長し続けることであり、人間ができていくこと」です。

以上があきびんごさんの人間の法則です。

いかがでしたでしょうか。

整理収納のセミナーの時によく聞かれる言葉の中に

「お部屋のお片づけは向いてないんです。」

「全然できないんです。」

「どうやってもうまくできないんです。」

そういう時の私の返事は

「整理のやり方は今まで教えてもらったこと、習ったことないんです。できないのは、あたりまえ。最初から字が書ける赤ちゃんはいません。教えてもらって練習するから字が書けるようになるのです。だから、整理も同じ。始めから上手にできる人はいないし、練習しなければ上手くなりません。だから、毎日少しずつ、練習しましょう。」

です。

どんなことも最初から上手な人はいないし、上手くいくことばかりではないですよね。

でも、何かをやり続けていたら、必ず上手にもなるし、なりたい姿になれますよね。

そう思って、また明日も元気に楽しく練習し続けましょう。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございました。

明日の練習も楽しみだなあ~と思った方はこちらにほんブログ村 子育てブログへをクリックしてくださいね。

いつも感謝しています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月25日 (日)

子供のうちに知っておきたい人間の法則part1

昨日はうちの子供たち3人がお世話になっている公文の集いがありました。

そこで聞いたお話がとてもよかったので、皆さまにご紹介します。

それは絵本作家のあき びんごさんのお話でタイトルは

「子供のうちに知っておきたい人間の法則」

1.人生の法則

人生は遊園地のように楽しいものではありません。何もしないでもやってくるのは、苦しいこと、しんどいこと、つまらないことばかり。だから、じっとしていないで、自分からおもしろい人生を作りましょう。

2.未完成の法則

人間以外の動物たちは生まれて間もなく歩き出し、何でも自分でやれるように、生まれてきますが、人間だけは、かなりの部分が未完成のままで生まれてきます。だから、自分で完成させていくのが、めんどうで、しんどいのです。そのかわり、うまくやれば自分の好きな人間に作りあげることもでき、それが人間に生まれた幸せといえるでしょう。めんどうでしんどいけれど、自分の好きな人間に作っていきましょう。

3.成長の法則

人間の成長には自然がやってくれる成長と練習しないといつまでもしない成長があります。練習さえすれば、いろいろなことができるようになります。練習をしてやりたいことがたくさんできた人生に作っていきましょう。

4.練習力の法則

生まれつきの力X練習力=能力(できる力)

ひとつのことをとことん練習して練習力を育てておけば、その練習力は何にも通用します。

5.能力の法則

人間の能力にはからだの能力、あたまの能力、気持の能力の3つがあります。あたまの脳力と気持ちの能力は練習しないと身につきません。特にヤル気、集中力、コツコツ力、勇気、思いやりなどの気持ちの能力を練習してほしいです。

6.性質と職業の法則

「大人になったら何になりたい?」と大人は聞きますが、ほとんどの職業は大人になってから考えても間に合います。でも、「大きくなったら、どんな人になりたい?」と考えることは子供のうちにやっておかなければなりません。だから、小学生のうちから「こういう人間になりたい」と考えて、そう近づけるよう練習を始めましょう。

7.カメの法則

頭のよしあしよりも、コツコツと走り続けられることが大切な能力です。頭のよしあしは、生まれつきの部分もあるでしょうが、コツコツ力は練習をすればいくらでも身につけられます。

まだまだ法則は続きますが、ずいぶん長くなってしまうので、続きは明日。

このお話は子供と保護者向けですが、子供はもちろん親がなるほど、そだよね~と思う内容ですよね。

まだまだ素直な幼稚園、小学生、中学生(ぎりぎりかなあ)にはぜひとも伝えたい話だなと思いました。

それでは、また明日。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。

今日の法則を読んで「確かに!」と思った方はこちらにほんブログ村 子育てブログへをクリックよろしくお願いします。

いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

仲良しっておいしいね

今日の夜ごはんは私と小学4年生の娘、小学2年生の息子との共同作業でした。

子供たちの担当はお味噌汁。

先日も二人でお味噌汁を作ってくれて、それが、大好評だったので、すっかり得意になりました。

そこで、今日も張り切って作ってくれました。

こんぶでだしをとって、しめじを切って、味噌を入れ、最後に卵を割り入れて。

途中、二人がちょっと言い争いをしていました。

そのすぐ後に味見をした二人。

「んwobbly、けんかの味がする。」

前回作った味とは違うらしいんです。その理由は自分達がけんかしたからだって思った見たいです。

そこで、今度は仲良くしてもう一度味見。

「うん、おいしい!この味!」

「やっぱり、仲良しだとおおしいねhappy01。」

いいこと言うね~。

ご飯を作る時に怒っていたり、文句を言っていたり、ネガティブな感情だと、何だか味もとげとげするんですよね。

ご飯を食べる時も一緒です。

けんかをしながら食べたり、怒っていたり、怒られたりの食事は、豪華な食事も今一つになりますよね。

子供たちの気づきに、納得の母でした。

わかっていても、ついつい忙しくて、イライラしてしまう母にはちょっと痛~い二人の気づきです。

それを気がつかせてくれて、ありがとう。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 5日 (月)

あすはきっと

今日は小学校での本の読み聞かせ当番。

4年生のお友達に本を読んで聞かせました。

小学校はクーラーが入っていないから、汗だくの本読みですcoldsweats01

でも、みんな真剣によ~く聞いてくれて、本当に楽しい時間です。

今日の絵本は

「スーホの白い馬」

「あすはきっと」

小学2年生の弟が選書してくれました。

「・・・あすは いっぱい できるよ、

きょうできなかったことも。・・・

あすは きっと、 なにかを すっかり じぶんだけで

やれるようになる。

あすは もしかすると、あたらしい ともだちに あうことになるよ。・・・

あすは、なにから なにまで ずっと きょうより よくなるよ。

あさから よるまで、にこにこ わらって いられるかもしれないよ。

きっと・・・、あすには。

さあ きみの きょうという日と、あすという日のために、

キスを いっぱい あげよう。

ぜんぶ きみのために!」

何か、大人も勇気をもらえる絵本ですよね。

できないことも、つらいことも、いろいろありますよ。

でもね、きっと明日はくるから。

そして、明日はきっと今日よりいい日になりますよ。

斉藤一人さんや小林正観さんもおっしゃっています。

今日の自分は今まで生きてきた自分の中で最高の自分。

でも、同時に、明日からの自分と比べればまだまだ成長できる。

毎日、少しずつ成長してるからこそ、明日はきっといい日なのですね。

今日も最後まで読んでくださってありがとうございます。いつも感謝しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)